コロナ関連

【刹那的すぎる】ぴんふぃり行政命令が日替わり過ぎてアドレナリン出まくりだ

投稿日:

もしよかったらブログ村ランキング応援クリックぜひ1回強めにグリっと押してください!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

在フィリピン日本国大使館より

一応在留届を出しているので定期的にフィリピン日本大使館からの電子メールが入ってくる。

3月19日18時26分

【ポイント】
●マクタン・セブ国際空港発の日本への帰国フライトの予約が極めて困難な現状にあります。在フィリピン日本国大使館(在セブ領事事務所を含む。)としても,早期の帰国を希望されている邦人の皆様のために最大限の努力をしていますが,同空港からの出国を希望されている方は,運行状況について、航空会社(フィリピン航空)から最新情報をできるだけこまめに入手するようにしてください。
●セブ州においては,同州の行政命令により,午後10時から午前5時までの夜間外出禁止が実施されています。ただし,セブ市においては,同市の独自の行政命令により,午後8時から午前5時までが夜間外出禁止となりますのでご留意ください。

この航空会社(フィリピン航空)からの最新情報と書いてあるが、ぜんぜん公に対してきちんとアップデートが発表されない。

臨時便の可能性も日本人経由で秘密裏に情報が回ってくる有様で非顧客目線のインフォーメーション崩壊国だといえる。

在フィリピン日本大使館としてもフィリピン航空からの情報はあてにならないと書けないだろうからこんな白々しい表現しかできないのだろう。

また、マニラで発表になったLOCKDOWNの措置もルソン島だけに適用され、セブ州等の地方は中途半端な感じで放置されている。

一言でいえば超縦割り行政でそれぞれが無駄に権威を主張し合っている。

セブ州も同じ体質で、外出禁止がセブ州の行政命令として午後10時から午前5時までとなっているのに、セブ市は独自に午後8時から午前5時と上書きしている。

私の住むマンダウエ市は午後10時から午前5時という謎の自己主張をしている。

マニラで決まったことがセブでは応用されず、セブ州で決まったことが各市で従われない我儘し放題国。

本末転倒すぎ

全ては感染拡大を防ぐための施策であり濃厚接触させないためのものであるはずだが本末転倒ぶりが凄い。

ドラッグストアだけは濃厚接触対策済

建物入口の検温で行列を作り濃厚接触。

メディカルチェックアップに人が群がり濃厚接触。

スーパーのレジ付近で濃厚接触。

バイクの二人乗りを禁止してもガン無視して濃厚接触。

バイク二人乗り禁止

外出禁止を徹底しないから仕事場で濃厚接触。

終息の見込みを全然感じない

普段から社会制度が崩壊ぎみのところへコロナという刺客が放り込まれた。

経済を殺してウイルスの封じ込めを決定したと思えば、セブを含む地方の動きはバラバラでウイルス感染は刻々と広がっているはずだ。

一度決定したLOCKDOWNを中途半端に解除したり、ウイルスを封じ込めず脱出したい日本人を封じ込めたり行き当たりバッタリ感が物凄い。

フィリピンでコロナが本当に終息するのはいつになることやら。。。

応援クリックお待ちしてます

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-コロナ関連

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.