モトボサツ的

他人は自分の鏡|セブ島のストリートな老婆の人生に想いを馳せる

投稿日:

老婆と俺

長い長い長い信号待ち。

いつものストリートな老婆がやってきた。

相変わらず笑っているのか泣いているのか怒っているのか分からない顔をしている。

戦略的に高級車へ手を伸ばすのだが、私のサイクロン号は特別だ。

以前食べかけのパンをバッグから取り出しあげたことがあったのだが、それ以来私の黄色いヘルメットを見ると真っ先にやってくるようになった。

今朝もバッグからパンを取り出し一つあげてみた。

すると老婆は笑っているのか泣いているのか怒っているのか分からない激しい顔になった。

べつに良いことをしている気分には成れないのだが、この瞬間が癖になる。

アミーゴ号を運転していたころはダッシュボードに子供へ配る飴玉を入れていた。

私は人と人のこういう直接的な関係に飢えているのかもしれない。

ぱっとみ100歳位に見えるのだが、実は私と大して変わらない歳だったりする侮れないフィリピン。

ふと思う。

この人って子供の頃どんな顔をしていたのだろうか?

小学校とか行ったのだろうか?

温かい家庭があった経験はあるんだろうか?

子供は何人位いて今どうなっているのだろうか?

親がこの姿見るとどう思うだろうか?

いつからこんな生活をしているのだろうか?

3分間を超える長すぎる信号待ちの間に無関係な老婆の人生に対し万感を想像を働かせてしまう。

あの老婆はきっと自分の鏡なのだ。

私の親はフィリピンへ流れついてしまった長男の事をどう思っているのだろうか?

そういう思いが根底にあるからあの老婆の身を案じるのかもしれない。

老婆に老婆心という奇妙なモトボサツ現象。

もしこの記事が気に入って頂けたらランキング応援クリック1回だけ押して下さい!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-モトボサツ的
-,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.