デング熱、日本脳炎

【暴露】デング熱に4回かかった男が語る恐ろしい症状の真実とフィリピン医療の闇

投稿日:

もし良かったらここで1回応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

9月22日は退院記念日

丁度4年前の9月、私はデング熱で入院していた。

そして今日は退院記念日なのだ。

4回目のデング熱。

最後の死闘に相応しく症状は地獄を極めた。

夕方になると襲って来る呼吸パニックの恐怖。

デングウイルスは4種類あり、感染するたびに抗体が出来るので4回かかると全種類の抗体が完成する。

さすがに5回目はもう御免だ。

実は、フィリピンで初めての入院生活だったのだが、完成間もない新しい病院の個室だったのにWIFIは繋がらずシャワーも水のままというフィリピンあるある。。。

長年フィリピン生活に慣れていた私だったのでなんとか耐えたが、一般の日本人だと即発狂していただろう。

デング熱といえば、フィリピンで最も有名な病気の一つだが、ステレオタイプの偏った情報が氾濫する。

一般的に日本人がデング熱についてネット検索する場合、日本語で「デング熱」と入力し検索するだろう。

すると当然日本語で書かれたデング熱に関する情報が沢山出てくる。

しかし、日本語で書かれたそれらの情報の多くはかなり情報が偏っていると感じる。

その情報がコピーされ、フィリピン留学経験者等のブログ記事等としてどんどん拡散される流れだ。

たとえばデング熱の症状も私の経験からすると随分事実と異なる印象を受ける。

 

日本語で書かれた情報の一般的な症状

  • 目の奥が痛い
  • 夕方になると熱が高くなる
  • 発疹ができる

これらの症状は嘘ではないが、これはかなり限定された症状例である。

私の経験したケースと比較してみたい。

目の奥が痛くなる?

確かに、デング熱の症状として目の奥が痛くなる人もいると思うが、私の場合4回のデング熱で目の奥が痛くなったことはない。

同じ首から上でも、私のように後頭部や側頭部がズキズキと痛み続けるケースもあるのだ。

限定された情報が氾濫すると、「目の奥が痛くないからデング熱じゃない」と勘違いしてしまうケースが発生するだろう。

また、夕方になると熱が高くなると言う情報が一般的だが、私の場合発熱は朝から晩まで継続的でその代わり、夕方から呼吸困難パニックが襲って来た。

呼吸障害についての情報も一般的な情報として公開されておらず、不安に思いドクターへ訪ねるとそれもデング熱の典型的な症状で、実際に呼吸困難で亡くなるケースも多々あるとのことだ。

また、初期症状としてポピュラーな下痢や嘔吐という症状も日本語で書かれた情報には出てこない。

私はかつてマクタン島で医療通訳の仕事をしていたので実際デング熱の患者のケアに立ち会ったことが何度かある。

下痢や嘔吐から味覚障害、食べ物が喉を通らず栄養供給が途絶え急激に衰弱し、最後は救急車で運ばれデング熱発覚という流れは非常に多かった。

昨年、下痢や嘔吐を伴う熱と頭痛以外という症状のある若い女性の留学生がいた。

本人は胃腸風邪だと思い込み整腸剤とバファリンを飲んで様子を見ていたが、私の経験からデング熱の可能性を示唆させてもらった。

結局彼女はデング熱が判明し即入院。

もしデング熱と検索した情報に初期症状として下痢や嘔吐を伴いケースがあると書かれていれば迷わず病院でデング熱の検査を受けていた可能性がある。

実はデング熱の場合、バファリンを飲むと症状が悪化するという情報があるが、これも日本語で書かれた記事ではほぼ見当たらない。

また発疹が出ていないからデング熱じゃないという判断基準が持たれているが、初期段階で発疹は出ないようだ。

私の場合、入院5日目で体全体が霜焼けのように真っ赤に腫れ、痛痒くなった。

これが出るとデング熱が快方に向かっている証拠らしい。

最もヤバいと思う事が輸血。

デング熱最大のリスクは血小板が減少し出血が止まらなくなることだ。

血小板の数値が下がってくると輸血の必要性が急迫するのだが、なんと自分でドナーを探してこいと言う。

戦前とかなら分かるが2016年でしかもセブ島の最新の病院でそれを平然と患者へ要求するのだ。

フィリピン医療は常識や水準が決定的に日本とは異なる。

セブ島旅行やフィリピン留学で多くの日本人がセブ島にやってくる状況で、こういう情報の偏りはかなり危険な事であると感じる。

そこでデング熱退院記念日ということもあり、デング熱の症状およびヤバいフィリピン医療の暴露話の動画をアップした。

ご覧頂き、ご感想をコメントを頂けたら幸いだ。

 

ぜひご覧頂きたい方

  • 自分はひょっとしてデング熱かもしれないと不安に思っている方
  • デング熱の症状をただの胃腸風邪だと思っている方
  • フィリピンの医療はアメリカ帰りの優秀なドクターがいるからレベルが高いと思っている方
  • 保険に入れば万が一でも快適入院だと安心している方

関連記事

1,561view
【それデング熱かも】フィリピンで安易に飲んではいけない日本の市販薬|非ピリン系のすすめ

もしよかったらここで1回応援クリックお願いします! にほんブログ村   デング熱の島 2020年は世界中コロナ ...

続きを見る

 

デング熱とフィリピン医療の闇を暴露

もし差支えなければチャンネル登録と高評価おねがいします!

 

もし良かったらランキング応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-デング熱、日本脳炎
-, , , , , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.