コロナ関連

群がるフィリピン人|3連休のセブ島ビーチがまるでガンジス川

投稿日:

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

O師匠
モトボサツという名の由来はこちらです

 

PR AGA治療薬の治験に参加していただける方募集 

 

コロナにうんざりフィリピン人

 

11月末のセブ島は3連休。

給料もアドバンスで支払われ、懐も多少膨れたセブ島民の多くにとっては正にレジャー気分大爆発。

セブ島南部のチンコビーチには多くの人が押しかけガンジス川状態となった。

地元メディアサンスターのフェイスブックページに掲載された写真。

見た瞬間にギョっとしてしまうの私はまだまだお堅い日本人?

フェイスブックのコメントを見ると現地のフィリピン人がどう感じているのか分かる。

 

LIKEの多いコメント

サンスターは、やたらとアグレシブにこの種の状況(3密)を脅威として指摘するけど、こういうの見るたびに神経を逆なでされてしまうよ

これはコロナ危機を強調するために意図的に情報操作しているんだよ

連休にビーチに行って何が悪い?どうせまたこれを理由にロックダウンして嫌がらせするんだろ?コロナって聞くだけでもううんざり

 

「コロナはまだ去っていないから気を付けないとダメだよ」というコメントも一部あるのだが、そこにはLIKEがほぼ付いていない。

多くのフィリピン人はコロナに飽きている。

危機感よりもコロナ感染騒ぎは幻とばかり人生を楽しむ方向へとなし崩し的に進んでいるのだ。

フィリピン人のみならず、コロナ飽き現象は世界規模。

世界中でロックダウン等の規制が緩和されている。

それはコロナを根本的に解決したわけでないのだが、感染者が増え続けているアメリカやヨーロッパでも緩和方向である。

つまり、コロナによる犠牲をある程度許容し、経済再開に舵を切っているのだ。

 

日本の場合、4月下旬ごろを頂点とする波が「第1波」、8月上旬~中旬ごろを頂点とする波が「第2波」と呼ばれている。

そして、11月に入って以降、急激に上昇している波が「第3波」である。

フィリピンは当初からコロナ統計の精度に欠け、いつ第二波が来たのかすら信憑性が非常に薄い状態。

病院がコロナ患者で満床となると結果的に大慌てという事後的な体制だ。

 

ショッピングモールやオフィスビルに入る時はマスクおよびフェイスシールドが形式的に義務付けられているのだが、中へ入ってしまうと既に外している人も多く見られる。

役所の職員は既にマスクもしていない。

カフェや飲食店で会食している人もお互いにマスクをぜずノーマル時と変わらない。

事実上ニューノーマルとなっているセブ島の現状が既にある。

不用意に不安を煽り、ワクチンビジネスで大儲けしようと企むフィリピン上層部の陰謀が見え隠れしなくもないが、ただ、私はガイジンの端くれとしてフィリピンで下手にコロナに感染し入院した際の高額医療が怖い。

もうしばらくは油断しないように生活したい。

 

もしよかったら応援クリック1回よろしくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-コロナ関連

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.