フィリピン人嫁の実態

さげまん大国フィリピン人嫁は負債なのか!?

投稿日:2016年4月1日 更新日:

国際結婚の実情

「あげまん」という言葉はあっても「あげちん」という言葉は一般的ではない。

私は歳と取るにつれて男の人生こそ女次第なんだと一つ一つ確信を得ながら生活しているの。

強がったところで男は女より寿命が短く、お爺さんが偉そうに稼ぎ、後でお婆さんが楽しく使うという結末だ。

ところで、先日セブ島へビジネス調査に来た日本人の方と話をする機会があった。

彼には中国人の奥さんがいるのだが、非常に内助の功を受けビジネスも私生活も順風だということだった。

そういえば今まで出会った日本人男性で中国人の奥さんがいる人達からは奥さんの不満を聞いたことが無い。

フィリピン人の妻の場合、内助の功で商売が成功するどころか、本人と家族から骨の髄まで吸い尽くされ上手く行くものもいかないケースをさんざん見て来た。

究極にまとめると、中国人の妻は資産でフィリピン人の妻は負債なのか?

 

さげまんフィリピーナの条件

一般的にフィリピン人の妻との結婚生活は満足度が低い。

現在付き合っている彼女や結婚を計画している人は下記の項目と照らし合わせ「さげまん度」チェックしてみよう。

 

プライドが高い

国籍関係なく「さげまん」に共通する要件として、自尊心と承認欲求が強く、プライドを守るための行動に余念がないということだ。

物事を自分の都合の良いように解釈し、男性の浮気に対しては自分の取り分が減るという方向性で怒りを表す。

 

嫉妬深さ

束縛の激しい女性もさげまんと呼ばれる資質がある。

「いま何してるの?」「どうして今夜会えないの?」「あなた浮気しているでしょ」という風なコメントがひっきりなしに送られてくると間違いなくその女性は「さげまん」。

当たり前だが、彼女の機嫌を取っているうちに運気は失うし、お互いに消耗し共倒れとなる。

 

悪口が多い

誰かの悪口や噂話の多い女性も「さげまん度」が高い。

きっと見えない所での旦那や彼氏の悪口も多く言霊として男性に跳ね返ってくるのだ。

悪いところばかりを指摘されダメ出しが増えたらさげまんの可能性が大。

 

自分のせいじゃないと言う

上に挙げた自分勝手さに繋がるのだが、プライドの高い女性にとって、自分が悪いと認めることはなく典型的な「さげまん」。

すべて相手のせいにするマインドで生きている人と一緒にいるとネガティブの運気を背負わせれてしまう。

 

感謝をしない

感謝をすることがない女性は「さげまん」。

何でもやってもらって当たり前、買って貰って当たり前だと思っており、受け取り上手な気質だ。

日本人に出して貰って当たり前だと思っているフィリピーナは「さげまん」だと決めつけて良い。

 

洗濯物をためる

洗濯物をため込む女性は結局部屋の片づけも怠り、ゴミ屋敷化する。

そんな環境では男性側は仕事も順調に行かず夫婦は毎日喧嘩をすることになり、結局離婚するという流れになる。

 

 

あげまんフィリピーナの条件

念のために、一般的に言われている「あげまん」の条件を挙げてみる。

  • 情緒が安定している
  • 努力家
  • 謙虚
  • すなお
  • 空気が読める
  • 聞き上手
  • 自立心
  • 共感力
  • 相手を尊重
  • 束縛しない

 

考察とまとめ

「さげまん」の条件は国籍関係なく一般的に言われている項目なのだが、みごとにフィリピーナの特徴とほぼ一致している。

プライドが高く嫉妬深い。

常に他人の噂話が好きで、ネガティブな話題に繋がることが多い。

また自分のせいじゃないという考えはかなり一般的で、謝らないフィリピン人の特徴と合致している。

最後の感謝をしないというのは日曜日に教会へ行ってお願いごとばかりする気質が生んでいる。

中国人の妻が「あげまん」でフィリピン人の妻が「さげまん」という根拠はこんなところだが、もちろん違うパターンもある。

さげまんの条件に当てはまっている項目が半分以下というフィリピーナと付き合っている人は大事にした方が良い。

宝くじに当たる位の確立で引き当てていることになるので直ぐにでも結婚した方が良いだろう。

 

もしこの記事がお役に立ったらランキング応援クリック1回強くお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-フィリピン人嫁の実態

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.