モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2

私の奇妙な生活が何かのヒントになる事を願っています フフフ

未分類

【孤独】LANDERSのふたり 子供の成長を願う反面、一抹の寂しさを隠せない フィリピン荒野人生

投稿日:2017年6月13日 更新日:

カワイイちゃんとLANDERSに行ってみた。

S&Rのコピーと言われるだけあり、ハイカロリーアイスもちゃんとある。

当然のようにおねだりされ、カワイイちゃんの分だけ買った。

美味そうに食う彼女の姿に、ひと口だけ欲しくなった。

「ちょっと頂戴」

「NO, 駄目ぇぇ」

以前は頂戴というと、パパの口まで運んでくれていたのに、3歳になった頃から、一丁前に拒否するようになった。

自我の芽生えは成長のしるし。

全ての親は子供の成長を喜ぶ。

そして寝顔を見るたびに思い出に浸るのだ。

小さい時の思い出はいつまでも残り、そのギャップに一抹の寂しさが募る。

子供の成長に一抹の寂しさを感じる親は多いが、それは逆に子供への依存だ。

人は一人で生まれ、一人で死んでいくもの。

カワイイちゃんの存在に自分の孤独を忘れかけていた。

孤独こそが人間を強くし、成長させるというのが私の座右の銘ではないか。

 

イチゴのアイス。

実に美味そうだった。

「今度自分だけガッツリ食おうかな」と思った瞬間、カワイイちゃんと自分の精神年齢がほぼ同じだという事に気が付いてしまった。

三つ子の魂100迄と言うが、本当にそうだ。

ブログランキングに参加中です。
ぜひ下記のリンクで強めに応援お願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

-未分類

執筆者:


  1. volcano より:

    面白芸人、否、面白国会議員・足立康史の好きな言葉が遊危所(きしょに遊ぶ)だそうだす。

    It means “find pleasure in risks.”

  2. 枯木 より:

    子供が独立した時に、子供が使っていた空き部屋にはいると、強く寂しさを感じますよ。

  3. 品無商会 より:

    自分好みの女に育てようと
    娘の誕生ごとに大喜びしたのも 今はもう昔。
    結局、三人目でそんなの無理だと 悟りました。

    • motobosa2 より:

      品無商会さん

      かってに育ちますよね
      教えてねぇよみたいなことが最近多い。。。

  4. Love vessel より:

    カワイイちゃんと、うちのカワイイちゃんは同い年ですよ~。
    うちは2歳過ぎからボチボチきてましたが、3歳からの自己主張は半端ないです。幼稚園で小憎らしい言い方を毎日毎日仕入れてきて、カチン!とくる事が度々(笑)私も精神年齢変わらん(^^;
    あっと言う間に大きくなるので、もっとゆっくり成長していーのに…ってよく思います。

    • motobosa2 より:

      Love vesselさん

      ピグレットのぬいぐるみと同じサイズだった頃を思い出し、隣に並べ、巨大化したカワイイちゃんを眺めながら焦っています。。。
      数年後とかどうなってしまうのだろうか?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

3000ペソの尊い使い方

マンダウエ市役所裏。 物置のような弁護士事務所が点在する。 日本人の思い描くそれとは遠くかけ離れている。 日本で弁護士のお世話になる機会は一生に一度あるかないかというイメージだがフィリピン生活ではまる …

達人の条件は”観察力”

前回の記事ではフィリピン人の日本留学動向について触れたが、実はその日の午後、スピーカーとして何か話をしてほしいという依頼を受けてしまった。。。 完全ボランティアオファー。 「スンマセンその日は忙しいの …

セブのシベリアンハスキー事情

昔に比べると、セブもペットを連れている人の割合が増えているような気がする。 ペットのトリムやグッズ販売店、そしてクリニックも街のあちらこちらで見かける頻度が高い。 先日、Jセンターモールへ出かけた時の …

【対決】我が家のマキシマリストVSミニマリスト

3年間ほぼ毎日履いた靴。 それだけ履き続けると、いつしか靴は足の一部となる。 ソールは薄くなり、まるで車検を通らない車のタイヤさながらのフラット感。 そして、ついに、靴のラバーと本体が分離し始めた。 …

バコロド総集編③ 鹿児島ラサールvsバコロドラサール

今回のバコロドの旅でどうしても消化しないといけないスケジュールがあった。 ティムの自慢母校ラサールとやらを見学すること。 フィリピンの大学で無茶に働き、ついには髪の毛が薄くなりつつある私を見てティムが …

スポンサード リンク

モトボサツ 勝手にブログセブ島編 VOL1

モトボサツ協賛サイト 英語ビギナー必見!

  • モトボサツ投稿記事抽出

現地医療保険 見積もり無料

  • 現地医療保険 ツーリストでも入れる!

PR スポンサー ドリンク