コロナ帰国後の生活

2021年6月30日「マニラ→福岡」検疫の様子と3日間の隔離生活の詳細について

投稿日:

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

O師匠
モトボサツという名の由来はこちらです

2013年~2016年 モトボサツ勝手にブログセブ島編 カテゴリー別

1,507view
【シーズン1】モトボサツ勝手にブログセブ島編|カテゴリー別記事

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします に ...

続きを見る

 

「ティム&カワイイちゃん」ついに日本へ上陸

マニラの日本大使館からティムのVISA(1年間の婚姻者VISA)が発行され、6月30日のマニラ→福岡便のチケットを購入した。

2名様で10万円。

私が2月にマニラから福岡へ乗った際には600ドル(6万円)だったので少し安い感覚さえする。

前日にマニラで1泊し、午前5時半に第一ターミナルのチェックインカウンターへ。

書類のチェックや日本で必要なスマホAPPのチェック等が行われた。

ティムによると、PAL(フィリピン航空)のスタッフがかなり親切に対応してくれたとのこと。

 

モトボサツ
それは意外やね
ティム
私もガマいビックリ

 

事前にインストールすべきAPP

  • OEL 位置情報確認されるアプリ
  • MYSOS ビデオ通話アプリ 
  • COCOA 接触者通知アプリ

 

このリンクから個人情報を事前登録すべし

https://arqs-qa.followup.mhlw.go.jp/?fbclid=IwAR1mJBf7R4SoDy3XwiVZI-CURKa5mbtoXRbxiWTnkk-k38KCH5K2SgoI5lo#/

座席番号はまだ決まっていないケースは0を仮入力してOKとのこと。

 

PALのスタッフが必須という「OSSMA」というAPPだが結局イストールしたものの、日本側では一切要らないと言われたらしい。

全て事前に入れておけばスムーズだが、ティムは余裕をこいてTraze以外はマニラのホテルでインストール。

 

 

鬼門のイミグレーション

そして、鬼門のイミグレーションだ。

日本人が日本から海外へ出る際は1㎜も心配するセクションではないのに、中世のままのフィリピンでは公務員は偉いお代官様。

気難しい顔で権威を振りかざすのが仕事なのだ。

そうやって海外へ出るフィリピン人に意地悪する慣行があるが、今回はワライプロブレマ。

ティムから国際線待合にあるスタバで優雅に朝食をとってる画像が送られてきた。

 

 

 

普通ここまでくればこっちのもんだが、まだホッとできないのがこのコロナ禍の辛いところ。

日本からフィリピンへ強制送還ということにならなければ良いが。。。

 

福岡に関しては検疫における3日の隔離措置の情報がほぼない。

だからひょっとして以前のように福岡だけダイレクトに自宅待機なのかと可能性が脳裏をよぎり、念のために確認してみたところ、やはり3日間は政府指定のホテルで隔離されることが判明。

 

 

 

順調に搭乗し、機内の様子が送られて来た。

乗客は全員で30名前後だったらしい。

 

 

ここから暫らく連絡が途切れてしまうと思いきや、いきなり機内食の画像が送られて来た。

そうか、最近では機内Wi-Fiがあるのだ。

 

 

 

 

【PR】あの永井店長も使っている!フィリピン人に負けない活力源

 

ついに日本上陸

マニラを飛び立ったのが定刻より30分早かったので2時15分到着予定が1時45分頃に早まって到着したとのこと。

そこから検疫の72時間のPCR陰性証明やAPPインストールのチェック。

問題がなければ滞在歴等確認済と書かれたピンクの証書が渡される。

 

それと同時に紙ベースだった「在留許可証認定証明書」と交換で在留カードがその場で発行された。

 

 

次は唾液検査

カワイイちゃんは量が少なく時間がかかったらしい。

 

イノセント
成田だと梅干しの写真が貼ってあるらしいよ
モトボサツ
福岡は無かったとです。ていうか、梅干し食べた事ないから唾液は出んやろ

 

 

市内の隔離施設(アパホテル)へ移動

福岡到着し3時間後に全てが終わりホテル移動。

ティムとカワイイちゃんが連れて行かれたのは博多区にあるアパホテル。

 

 

ティム
ここの枕最高!ぐっすり7時間眠れたよ

 

頭の形に添って変形すると表現していたので、どうやら低反発枕らしい。

 

カワイイちゃんのお気に入りはお風呂!

4年前、私と一緒に日本で風呂に入ったのを思い出したらしい。

 

食事の配給

1日3回食事の配給がなされるのだが、毎回アナウンスが流れる。

「これから食事を配りますが、ドアを開けないでください。」

15分後。。。

 

アナウンスの内容

 

 

英語の発音。

昔はペラペラに聞こえていたはずだが、今聞くとかなりカタカナ英語だ。

自分が今日本にいる実感が濃厚にする場面だ。

 

最後に

さて、決死の覚悟で家族と離れ、日本へ単身上陸したのが2月10日。

そこから苦難と絶望感をなんとか乗り越え4カ月半。

ついにティムとカワイイちゃんは日本の人になれた。

応援して頂いた方、大変有難うございました。

この場でお礼を述べさせていただきたいと思います。

 

もしよかったらブログ村ランキングの応援クリック1回グリっとお願いします?

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-コロナ帰国後の生活

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.