未分類

微炭酸の国フィリピン その訳をリアルに調査

投稿日:2016年8月19日 更新日:

fastfood01

 

先日、某ショッピングモールで映画を見た。

映画の内容はまた続編として書こうと思うが、今回は”遅すぎる人”という観点で書いてみようと思う。

とにかく忙しい現代社会はスピード重視。

判断、行動のスピード感がビジネス勝敗の分かれ目だ。

全ては早ければ早いほど評価される世の中だが、私の住むフィリピンはとにかく遅い。

”オグマ”

セブのビサヤ語の会話で高頻度の単語だ。

意味は明日。

がんばったら今日できる事でも極力明日に持ち越すのがセブの粋。

そうやってがつがつしてない自分をアピールするのがフィリピンライフの骨頂?

その是非は置いておき、遅すぎる人VS早すぎる人の世界大会の動画をご覧頂きたい。

遅い方の代表選手は我らがフィリピン!

こちらの動画をご覧ください。

注文して20分

客は他に居ないのだが、まだ出来ていない。。。

ある意味凄技!

スローライフの金メダリストフィリピン。

まずこれを楽しめるような余裕のある人しか住む権利はないだろう。

たまにふと思う。

同じ距離を移動するにも車より時間かけてじっくり歩いたほうが気付きが多い。

時間の流れを遅くすることが人生をより濃くする事が出来るのは確かだ。

一人あたりのGDPは日本の14分の1。

1分の濃さが14倍だとみれば、贅沢な人生だ。

せめて土日はフィリピン人になりきって贅沢なひと時を過ごしたいと思う今日この頃。。。

 

もしよかったら1回だけグリッと強めに応援クリックお願いします! にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

 

スポンサーリンク

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-未分類

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.