未分類

インターネットVS口コミ フィリピンマーケット

投稿日:2016年9月6日 更新日:

先週の土曜日。

知り合いのフィリピン人からバザーのお誘いがあったのでちょっくら顔を出してみた。

場所はASフォルチュナ通りOAKRIDGE(オークリッジ)。

通りからどんどん奥に入らなければならない実に辺鄙な立地。

「誰がこげんトコ来るとやろか?」

実に不可解に思った。

高級車からいかにもと言った感じの人が降りて会場の中へ入っていった。

DSC_0029

 

入場料なんと100ペソ。
セブ盆踊り大会の5倍だ!!DSC_0028

入場料は人種を振り分ける為のシステムとしても機能する。

中へ入ると、想定外に人が溢れていた。

入場料100ペソを普通に払える顔はこれだ!BASER02

BASER01

DSC_0023DSC_0026

衣料品販売が7割。
ざっと見たところ平均価格は300~400ペソ。

DSC_0025
目立ったのは化粧品。

実演付き販売に群がるフィリピン人。

非常に分かり易いお馴染みの図。
DSC_0020

 

個人的には”黒いドーナツ店”が気になった。

まるで焼物工房のような雰囲気がいい。
BASER04

ブラッキーな店主。BASER03

そうだ。
彼も立派なコンテンツの一つなのだ。

素朴に深く感心してしまった。BASER05

 

このアクセサリー売り場の女性。
タトゥーだらけのこの人が売るからハードに商品が引き立つ。
もしこれで寿司を握っていたら絶対美味く感じないだろう。

BASER06

 

ブース主と来客に適当に声をかけてみた。

どうやってこれ知ったの?
Pano nimo nabaw-an kani?
パーノ ニモ ナバオアン カニ

フェイスブック9割、口コミ1割。

よってフェイスブックの勝ち!!

 

このバザーの主催はITパークのフードバザーでお馴染みのSUGBO MERCADO。sugbo01

 

オークリッジのバザーは去年に引き続き今年で2回目。

前回が大成功に終わった好影響で今年のテナント募集に苦労しなかったようだ。

実績が更なる実績を呼ぶ幸せのサイクルにはまっている。

しかし、入場料100、出展料6000ペソは少し強気の設定に感じる。

もし日本人が主催者だったらフィリピン人はどうせカネが無いので入場料50、出展料3000ペソの設定にした気がする。

やはりフィリピンのスタンダードはフィリピン人が作ってゆくのだろう。

 

よかったらランキング応援クリックを強くお願いします! にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

 

SPONSORED LINK





  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-未分類
-, , , , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.