未分類

【フィリピン事情】17歳美人コンテスト参加者が物議を醸す「オカニくれる優しい男が好き♡」

投稿日:2017年3月31日 更新日:

美人コンテストの上位国フィリピン。

ミスユニバース大会の日はほぼ仕事をしない。

瞬きもせず美の競演にを見届けるのだ。

見た目の良し悪しが人生を左右すると言っても過言ではない。

フィリピン人はこちらが恥ずかしくなるほどのナルシストだらけ。

つまりこの国は自己肯定症候群の極みだ。

携帯の待ち受け画面やパソコンのデスクトップ画像は自分のキメ顔がガチでインストールされている。フィリピン世界一ナルシストの国

もちろんティムの携帯やパソコンも例外ではない。。。

限りあるストレージの残量を犠牲にしてでも最優先させたい部分なのだ。

フィリピンのGMA局の番組でもビューティーパジェント(美人コンテスト)は定番中の定番。

17歳の出場者が語った理想の男性像に対して物議を醸しだしている。

父さんはアラブ人で今どこに居るのか分からない。

アラブってやはりドバイの事だろうか?

私は守銭奴。。。

お金くれる優しい男が好き♡

あっけらかんと答える彼女に会場が湧く。

しかし、その後、彼女好ましくない出場者というレッテルを貼られることになった。。。

見た目の良さと教養を兼ね備えるのが、国際的美人コンテストのスタンダードだ。

そんな場でオカニ頂戴は怪しからんと、体脂肪率30%肥えのレッションおばさん達から物言いがあったのだろうか。

しかし、パサヤンビューティー上等の国で美と教養を兼ねるなど面白くない。

パサヤンビューティー関連記事

金持ちと結婚するには。。。

高須クリニックの高須医院長おすすめは

 高須クリニックの高委「そうだね。どうしても結婚したいなら、奥さんを亡くした資産家のじいさんは狙い目だよね。さびしいから、コロっと引っかかる。あと、若い後妻をもらったじいさんって、コロッと逝っちゃうことも多いしね。奥さんの外出中に火事になって、体の不自由なじいさんが逃げ遅れて亡くなるって話、よく聞きますよ」

参照元

酷い話に聞こえるが、これがフィリピンではスタンダード。

愛はピノイ。オカニはガイジンのお爺さん。

虎穴をえらずんば孤児を得ず。

その孤児が全然自分に似ておらず従兄や弟と呼ばれるヤツにそっくりなこともフィリピンあるある。

ぜひ若いフィリピーナの取り扱いはご安全に!

 

 もし良かったらランキング応援クリックぜひ強めにお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

SPONSORED LINK






 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-未分類

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.