モトボサツ的 未分類

【燃焼系】私が2時間以上かけてTOPSまで歩いた理由

投稿日:2017年8月6日 更新日:

 

先日までセブ留学へ来られていた60代の男性。

なぜか記憶に深く残る1人だ。

それはきっと彼が毎朝セブの街をジョギングしているという話を聞いたからだと思う。

私も出張や旅行先でも朝からジョギングをしないと気が済まない。

知らない街を走る冒険心が止まらない。

それから彼がセブの週末に何をして過ごしたかを聞くのがなんだか楽しみになった。

知らない街に身を置き、自分と向き合う姿に昔の自分を重ねる。

日本からセブへとドラスティックなまでの環境変化。

そしてセブ生活を通じて以前では考えられないほど思考が変わったと言う。

 

「結局は自分次第だよね」

 

セブという所へ来て生活しても不満だけ言って何も変わらない人も居れば、人生史の上位に来るほどの衝撃とカスタマイズを遂げる人も居る。

彼は変わったのでは無く変えたのだ。

滞在最後の週末、セブの展望台TOPSへ走って登ったという。

ところどころ歩いて登り1時間半、帰り1時間の道のり。

いままでTOPSへ行った留学生は数えきれないほど居るが、走って登りきった人は初めて聞いた。

その話を聞いて以来、無性に彼の後を追いたくなった。

セブで10年間日常に埋もれながら生活する私が、初めてセブへ来てたった3カ月しか生活していない人から刺激を受ける。

一瞬滑稽に見えるが、日本でも同じようなことがあるだろう。

日本に旅行に来た外国人の感動に新鮮な刺激をうけるケースだ。

この話を登山歴豊富な日本人の知り合いHさんへ話した所ぜひ行こうと言う話になった。

お試しという事もあって、参加者はHさん、犬よけにティム、私の3名。

走りながら登って1時間半なので、ゆっくり歩くと2時間半~3時間だろう。

とりあえず出発した。

 

こちら良かったら応援クリック強めにお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-モトボサツ的, 未分類

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.