中国人問題

【暴れる中国人】マニラの警察官にタホを投げつけた23歳中国人女性が逮捕される

投稿日:

止まらない中国人の暴走

マニラの駅ではテロ対策で液体の持ち込みが禁止されてる。

タホとよばれる甘ったるい黒蜜豆腐デザートを駅の構内へ持ち込もうとして警察官からダメ出し注意を受けた中国人女性が逆切れし、なんとタホを警察官へぶちかける事件が発生。

世界中で暴走する中国人の事件や話題は尽きないが、フィリピンでも安定的に起こっている。

地元ABSCBNのニュース

逮捕されたのは

マニラのマンダルヨン市に住む23歳の中国人女性はデザイン学校の学生。

午前8時半に通学する途中にtahoを警察官へ投げつけ、現行犯で逮捕され、そのままマンダルヨン警察署へ連行された。

中国の常識は世界の非常識?

フィリピンでは中国と違い死刑はないが、フィリピンの警察官はむかついたら気軽に発砲するのでもっと危険かもしれない。

身長が177センチほどある。フィリピーナの場合、だいたい「5」と書いてあるあたりなので、かなりの巨人サイズだ。

私もフィリピンの警察は大嫌いなので許されることならtahoをぶつけたいが、やってしまうと大変なことになってしまうのだ。

ストレス解消に警察の衣装を着た人にtahoをぶつけるアトラクションとかやると流行るかな?

マニラの空港警察へ連行された話

ボサツは見た!

2,975view
【大迷惑】モトボサツは見た!世界一のボラカイビーチで大放尿する中国人

3年前に初めてボラカイへ来た時の印象は、ここは済州島かと思うほど韓国人が溢れていた。 まるで今からダイビングでも行くのか ...

続きを見る

 

もしよかったら1回だけランキング応援クリックおねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-中国人問題
-, ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.