カルチャーショック フィリピン人ってどんな人 留学生情報 色気のある世界

【女性留学生へ朗報】ロマンチック官能小説を読み耽る若いフィリピーナ達

投稿日:

官能小説とは英語で「Romantic Novels」

官能小説といえば露骨な濡れ場がメインのエロチックバイオレンスシーンの連続で、変態男性が好んで読むというイメージが強い。

しかし、その古典的ともいえる固定概念はフィリピン暮らしの中ですっかり逆転してしまった。

数年前に大ヒットした映画「Fifty Shades of Grey フィフティ シェイズ オブグレイ」はAmerican erotic romantic drama film という特殊カテゴリー名が付けられ、一作目から三作目まで映画館には物凄い行列が出来ていた。

「エロ=男性」というのは真っ赤な嘘で客の殆どは若い女性客だった。

 

衝動的な性欲は男性のものというイメージだが、実のほうがエロの総量は女性の方が圧倒的に大きく、その探求心は高度かつ複雑だと私は感じる。

セブ島のSMシティの2Fにある「Precious Pages」はいつも女性専用書店といってよいほどほぼ女性客で占められている。

Precious Pagesは女性が喜ぶ書店

フィリピンは世界でも類を見ないほど本を読まない国民だと言われているのだが、時々本を読んでいる人を見かけるとそれはほぼ女性だ。

しかし、若い女性にウケる本屋とはいったい。。。

なんとなく以前から気になっていた。

セブの若いフィリピーナ達は一体どんな本に夢中になっているのだろうか?

ショーウインドーにディスプレイされているハードバイオレンス官能小説

逞しく暴力的な男性の表紙が印象的だ。

イノセント
ボサツに説教かもしれないけど、女ってね、妄想の世界を楽しむ貪欲な生き物なのよ
モトボサツ
オカズ的なものはあまり必要がなかとですか?
イノセント
まるで映画監督みたいに自分に気持ち良いストーリー作って想像の中だけで9割イケるの
モトボサツ
へぇ~なんだか安上りやね
イノセント
そういえば、ボサツさんもたまに出てくるわ♡
モトボサツ
Holy Shitttt!

すでに表紙で想像し、本屋でトリップしかけている女性もいる。

独特の世界観

オートマチックに小説と現実が混在し、妄想の渦に飲み込まれていくのだ。

いまどきのフィリピン女性は官能至上主義

女性御用達ともいえるRomantic novelと男性御用達ともいえるXvideoの違いは妄想力だ。

動画の場合、妄想の入り込む余地は1㎜もない。

観た瞬間モンモンするかどうかという受け身な作業であり、顔の見えないRomantic novelとはそもそも質が違う。

女性の場合、想像というか妄想力によって紙上のインフォーメーションは壮大なスペクタクルロマンチックムービーとなり、自らがそのヒロインとなるのだ。

女子留学生におすすめの官能小説

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

2,255view
【女性による女性のための】主婦が書き上げた官能の世界とは?理想の男性スペックがまるわかり!!

昨夜、ティムがニヤニヤしながら海賊版DVDを握っていた。 モトボサツその時は山でクマに出会った時のように死んだフリしよう ...

続きを見る

セブ島留学している日本人を見ていると男性よりも圧倒的に女性の方が多い。

いや多く見えるのだ。

なぜなら男性は海外では非常に保守的で、冒険を嫌って授業以外では部屋に引きこもりがちだ。

一方女性は現地の怪しげな食べ物を含め貪欲に留学生活を謳歌しようとする。

だからセブの街や観光地で見かけるのは日本人女性ばかりという理屈が成り立つのかもしれない。

日本語翻訳版

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ (上) (RiViERA)

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ (下) (リヴィエラ)

英語原版

Fifty Shades Trilogy: Fifty Shades of Grey, Fifty Shades Darker, Fifty Shades Freed 3-volume Boxed Set

すべては他人との差別化

この10年間、多くの日本人の語学留学生を観察してきたが、現地の英字新聞を読んだり、英語で書かれた本や雑誌から情報をインプットしている人を殆ど見た事がない。

日本人にとって所詮英語は勉強の一環であり、英語で何かをするという実践を恐れるマインドが英語が話せない日本人を作っている。

女性が女性の目線で書き上げたフィフティジェイズオブグレイは英語で情報を入れたくなる貪欲さに火をつけることになるだろう。

英語の小説というハードルを越えるための官能小説(ロマンティック小説)という世界。

ぜひ女性留学生にはハマってほしい世界だ。

 

もしよかったら閉じる前にランキング応援クリック1回だけよろしくお願います!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-カルチャーショック, フィリピン人ってどんな人, 留学生情報, 色気のある世界
-, , , , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.