カルチャーショック

【究極メソッド】フィリピンで「あげまん」とゴールインし老後2000万問題を解決しようぜ!

投稿日:

A

国際結婚の明暗

のっけからこんな事言うのも何だが、フィリピン人の奥さんは基本的に「さげまん」が多い。

フィリピン人の奥さんがいる人ごめんね、ごめんね、ごめんね!

もちろん全員ではないが、英語で言うと「Almost all」な感じだ。

基本的に日本人が付き合うフィリピン人は経済ランクでいうとCとDがデフォルト設定。

そうなると、彼女の家族はおろかその親戚や遠縁の金銭問題までも一気に背負ってしまうハメになるのだ。

ガイジンに心置きなくタカる体質が国全体のポリシーともいえるのでハマってしまうと数千万円なんてほんの数か月で底を尽きる。

そして悲しいかな、それは投資ではなく寄付であることが後からジワジワと分かるデスティニー。

一方、私の知る限りでは中国人の奥さんは「あげまん」が多い。←クリック

3,479view
オカニを使うフィリピン人妻、オカニを増やす中国人妻

女性向け風俗の隆盛 日本女子の変遷   今は昔、日本は男社会だった。 昭和の男に求められた「3高」という要件も ...

続きを見る

日本では「女の人生は男次第」とよく聞くが、それは日本限定の話で、「男の人生は女次第」というのがこの世の真実である。

しかし、フィリピンで「さげまん」に吸い上げられないためにどうしたら良いのだろうか。

昨今、語学学校の先生と恋仲になり結婚するケースもあるが、それも大して変わらない状況となる。

なぜなら語学学校の先生はフィリピンの経済ランクで言えばCクラスであり、中間層未満であるケースが多い。

たまに父親がシーマン(船乗り)だったり、母親がOFW(海外出稼ぎ)だったりする羽振りの良い家庭の先生もいる。

しかし、私の調査によるとなぜかそんな家の女性に限ってはブスが多い。

これも一種のフィリピンあるある?

ではクラスAまたはBのフィリピーナと知り合い、トップに踊り出るにはどうしたらよいのだろうか?

それは、富裕層の娘と結婚することだ。

フィリピンで玉の輿に乗る方法

恋愛至上主義のフィリピンでは日本とは比べ物にならないほどパートナー成立率が高い。

なぜなら、皆さん常に異性に注目されることだけを考えて生きているからだ。

それはスーパー格差社会のお手本みたいな状況でも一皮むけば所詮フィリピン。

お世話になっているサンライフのボス(超富裕層)の娘さんは日本が大好きで年に3度位大阪に遊びに行っている。

将来の夢は日本人男性と結婚して日本に住むことらしい。

セブ留学中の男性
あの、ボサツさん!どこに行けば「あげまん」に出会えるんですか?
モトボサツ
下の5つの中から選んでみてね
  1. KTV&ビキニバー
  2. 語学学校
  3. 銀行
  4. ズンバ
  5. スポーツクラブ

ずばり解説

1番はまさに蟻地獄。

2番は1番より少しマシだが、所詮Cマイナス層なので本質は1番と変わらない。

3番は半分正解だが、銀行で仲良くなるのはかなり難しい。

4番は庶民層の太ったおばさんの集まりなので無理。

5番これが正解!

どのスポーツジム?

スポーツジムならどこでも良いというわけではない。

特定のスポーツジムにはアッパー中間層から富裕層が集まって来る。

スーパークチコミ社会のフィリピンでは自動的に身分社会的な棲み分けがなされるのだ。

まずは値段。

少なくとも月額3000ペソ以上のスポーツクラブには庶民層は近づかないから「あげまん」率が高くなる。

ティムがレギュラーとして利用しているZINK(エアロバイクジム)はセブ市内にあるバニラッドタウンセンターの2階にあるのだが、メンバーの中で間違いなくティムは圧倒的に最下層に位置するほど皆さんオカニモチ(お金持ち)。

※私もZINKには1年半ほど毎日通ったが、今は近所にあるイケメンボクシングジムに通っている。

1,208view
【脂肪爆破】45分間のエクスタシー セブ版FEEL CYCLE 800kcal死ぬ気で燃やせ

45分間激走 400-800Kcalの燃焼 なんか最近急に痩せたね♡ って言われて俄かに喜んでいるうちのティム嬢。 余計 ...

続きを見る

1,516view
【100%保証】これで痩せない奴はいない!!ジム&食わずに寝る

2017年は肉体改造Yearだった 2017年9月から開始したインドアサイクリングだが最初は週3回のペースで始めた。 通 ...

続きを見る

ZINKは一種の富裕層の社交場であり、メンバー達は私のような110CCのスクーターに乗ってきたり、ジプニー&ハバルなんて基本的にありえない。

新型ベンツやBMW、ポルシェなどで乗り付けてくる。

うちのティムはマツダ(愛称アミーガ号)なのできっと恥ずかしいに違いない。

そして年に5回以上は海外旅行に行っている。

私は日本人なのに、メンバーの中でこの5年の間に最も日本に行った回数が少ないという皮肉。

たとえば、メンバーの一人が大阪へ行くと、翌週にはほかのメンバーがその話を聞いて気軽に行ってみるというサイクルが続くのだ。

つまり、時間とオカニ(お金)が有り余っている状態。

ここの世界に乗らない手はないだろう?

最大のハードルは日本人気質

日本のスポーツクラブでは初めて出会ったメンバーにお互い話かけたりすることはないだろう。

だから、日本人気質としてこちらから話かけたりお近づきになろうとするのは苦手だ。

日本人はプライベートとなると「他人に干渉しない」という暗黙の鉄則があるので、ジムというプライベート空間で他人の領空を侵犯するという恐れを抱いてしまうのだ。

ここが最も日本人がフィリピンで「あげまん」とお近づきになれない点なのだ。

だから、日本人はKTVが大好き。

店に入るとママさんが出てきて、黙って席に座るとずらっと女性がショーアップされて、酒も注いでもらって自動的にチヤホヤしてもらう大人向けの幼稚園が大好きなのだ。

日本人女性は海外へ出ると存在するだけで自動的にモテるが、男性がモテないという理由は外見だけの問題じゃなく、マインドの問題8割だと私は考える。

老後の2000万円不足問題に揺れる日本。

そもそも年金で生活するという甘い話が幻想であり、この世の真実はフィリピンにある。

修羅の国フィリピンにこそ活路あり!

フィリピンで「あげまん」とゴールインし2000万問題を解決しようぜ!

セブ航空券を探す

【PR】成田ーセブ 往復27000円~ 各社情報あり

ホテルを探す

【PR】フィリピンの滞在ホテルを探す

 

もしよかったらランキング応援クリック1回ハゲしくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

広告主募集中

モトボサツ
会社やお店のバナー貼りませんか?

広告のお問い合わせはこちらからどうぞ!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-カルチャーショック
-, , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.