フィリピン人嫁の実態

【フィリピン嫁あるある】質問と異質な答えが返ってくる|フィリピン人の話が長い理由を解明

投稿日:2019年11月9日 更新日:

夫(日本人)VS 嫁(フィリピン人)

先日、フィリピン人の奥さんがいる日本人の知人と話をしていた時に、その人の奥さんから電話がかかって来た。

暫らく電話で話していたが、彼は苛立った様子を見せた。

セブ在住日本人男性
は?お前今どこにいるの?

しばしリスニング。。。

セブ在住日本人男性
で、結局お前、今どこなの?

彼はスマホの通話ボタンをオフにし、そしてため息をつきながら、ポツリとつぶやいた。

セブ在住日本人男性
なんでフィリピン人って聞いたこと以外の返事するのかな。。。
モトボサツ
あるある!
セブ在住日本人男性
SMで買い物頼んだんだけどさ、どうも勝手に違うモールに行ってる感じなのよ
モトボサツ
あるあるある!
セブ在住日本人男性
今どこにいるのか聞いても、朝から起こった出来事を延々と話そうとするわけ
モトボサツ
あるあるあるある!

フィリピン人の話が一般的に超長いとされている理由は正にそこにあるのだ。

質問と違う異質の答えを返す。

つまり、YES NOで済むタイプの返事にわざわざ3分以上かけてしまうのだ。

たとえばうちも同じことが頻繁に起きている。

モトボサツ家のパターン

先日、私の代わりに銀行でクレジットカード の請求の支払いをしてもらうことにした。

日本であればクレジットカード請求の支払いといえば銀行自動引き落としに決まっているが、フィリピンスタンダードは日本とは異なる。

毎月請求書がEメールで届き、それを銀行に行って支払うタイプなのだ。

日本では考えられないシステムだが、スキミングの多いフィリピンでは毎回請求内容を確認してからいちいち支払うことに意義があると思っている。

しかし、毎月大行列の中わざわざ支払い作業をするのはかなり面倒くさい。

色々と予定が詰まって忙しく、請求書の支払いをする時間が取れそうになかったのでティムに500ペソの手数料を渡してお願いすることにした。

まあ、ティムに任せている間に500ペソ以上稼げばいいと自分に言い聞かせている。

そして、その日の夜、ちゃんと銀行に行ってくれたのかという質問に対する返事を一般公開してみたい。

ひな型通りのパターン

モトボサツ
今日、銀行に行って支払ってくれた?

YESかNOで答えたら5秒以内で終わる話なのだが、ここでも私の知人と同じパターンとなった。

ティム
朝から車のタイヤがパンクしていたのでボルカナイズショップへパンク修理依頼し、その後カワイイちゃんを幼稚園へ送って、銀行の道中買い物して、まだ時間があったので、ジムで汗流して、銀行行ってみたらめちゃ並んでて1時間半かかった。

フィリピン人の話は超長いので、YESかNOで答えるような形で質問するようにした方が良いと、フィリピンに長く住む先輩から教わったので極力そうしているのだが、質問と異質な答えが延々と帰ってくるのだ。

この返答を聞いていると、終いには銀行に行かなかった言い訳をしているように想像してしまう。

しかし、このパターンは「めちゃ混んでたから疲れた」で微妙に終わるケースもあり、まるで中途半端に終わるホラー映画のような後味となってしまう。

こちらとしては朝からの状況説明や彼女の心境よりも、まずは支払いが済んだのかどうかを先に言ってほしいのだが、知人の奥さんのケースも含め、自分が映画の主人公的な感覚を持っている思想の国民性なので生活全体が自分の発表会のようになってしまうのだろう。

フィリピン妻あるあるでした。

共感いただけたら幸っす。

もしよかったらランキング応援クリック1回ハゲしくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

広告主募集中

モトボサツ
会社やお店のバナー貼りませんか?

広告のお問い合わせはこちらからどうぞ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-フィリピン人嫁の実態
-, , , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.