コロナ関連

日本人が感じる『オンライン飲み会』での唯一のストレスとは?

投稿日:

もしよかったらブログ村ランキング応援クリックぜひ1回強めにグリっと押してください!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

オンライン飲み会がウケている

コロナ期に入ってから強制的に世の中が変わっているが、ZOOM等によるオンライン会議をはじめ「オンライン飲み会」という単語を最近急に目にするようになってきた。

とくにSNSを頻繁に使っているガジェット操作が得意な20代~40代がこの層に該当している。

カワイイちゃん
パパ 今度オンライン飲み会連れてって
ティム
私はクロキリのカラマンシー割り
ちょい悪ボサツ
俺ともだち超少ないので。。。

世界一わかりやすいZoomマスター

みんなの感想

オンラインで飲み会なんてナンセンスな感じだが、実際オンライン飲み会をやった人の感想によれば想定外に満足度は高いようだ。

イノセント
オンライン飲み会やったけど3時間くらい盛り上がったわ
モト先輩
下半身は下着のままで微妙に得した気持ちになる
移住3年目
でもすっぴんだと半魚人と間違えられるのでメイクはバッチリしちゃう
セブ在住日本人男性
オンラインなのについつい飲み過ぎてトイレで吐いた
セブ在住30代
そうそう、オンラインの方が油断して飲み過ぎてしまう気がします
イノセント
割り勘による妙な不公平感もないわ
モト先輩
費用も500ペソもあれば十分な感じだよな

オンラインでも楽しめるとあれば、カメラに映らない下半身はモッコリブリーフのままでいいし、わざわざ飲み会の会場まで交通費と時間をかけて行かなくても済むのでとても合理的だ。

しかし、女性の場合、眉がないと誰だか分からなくなるのであまり油断が出来ない。

今後、自分をオンライン映えさせるアイテム等、ウエブカメラを通じて底上げするための美容マーケットが伸びてきそうだ。

日本人として許せない唯一のこと

そんな感じで経験者によればオンライン飲み会は普段の飲み会と変らないどころか、予算や利便性を含めた大きなアドバンレージさえある。

コロナにならなかったらこんな文化は発症しなかっただろう。

正にコロナ革命!

しかし、ここに大きな落とし穴があったのだ。

自分の顔を見たくない症候群

イノセント
ただ、自分の飲んでる姿をスクリーンで見るのがちょっとしたストレスだったりするわ
モト先輩
それってスゲー分かる!!
セブ在住日本人男性
自分の老いを強制的に自覚してしまう
セブ留学中の男性
スカイプのオンラインレッスンでも自分の顔がスクリーンに映るのが嫌なんです
チラ見せのほうが日本人はそそられるのよ

オンライン飲み会でガジェットごしに自分の顔が映るのがかなりのストレスだという報告が多方面から上がっている。

日本とフィリピンの違い

フィリピンで生活すると分かるのだが、日本人とフィリピン人の最大の違いは自分に対するアクセプトの違い。

つまり、フィリピン人は自分こそが絶対的な神に認められた存在であり、スマホやPCの待ち受け背景には家族とかペットとか旅行で撮影した風景ではなく、自分の顔がでかでかとキメ顔で設定されている。

2,007view
【自己愛充】スマホの背景画像はガチ自分 ゼル編

フィリピンに「遺書」という文字はない フィリピン人に「フィリピンって自ら自分の存在を消す行為者が少ないよね」と言ってもピ ...

続きを見る

街を歩けば常にセルフィーと呼ばれる自撮り大会が行われ、撮影中の自分にうっとりしている様子が盛んにみられる。

元教え子J
私のiPhoneSEにはもちろん自分の顔をセットして 誰が見ても最強よ
T子
子供の頃から人前で目立つことが正義だったわ
Moe
私の写真1枚10ペソでいかが?
2,194view
【フィリピンあるある】「動画あり」堂々と深夜に行われるミスコンが凄すぎる

夜の騒音オッケーラ 夜10時をとっくに過ぎているのにどこからともなく常に聞こえてくるカラオケの歌声。 日本人が海外へ出て ...

続きを見る

まとめ

自己愛という言葉じたいが特殊な響きさえある日本人にとって、オンライン飲み会で映る自分の顔を見るのが辛いというのは自然なことだ。

しかし、ユーチューブを含め、日本人でも一般人が世間に顔を露出する時代となってきている。

今の日本はフィリピンように自分をさらけ出すのがあたりまえになってくる時代の入口に差し掛かっているのかもしれない。

オンライン飲み会で自分の顔をアクセプトして日本人が苦手な自己愛をぜひ育もう!

もしよかったらブログ村ランキング応援クリックぜひ1回強めにグリっと押してください!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-コロナ関連
-, , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.