コロナ帰国後の生活 日本vsフィリピン

2021年最新|福岡中州のウォーターガールズ10名に聞きました「普段の生活で水道水ば飲んどーとー?」

投稿日:

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

O師匠
モトボサツという名の由来はこちらです

 

2013年~2016年 モトボサツ勝手にブログセブ島編 カテゴリー別

1,244view
【シーズン1】モトボサツ勝手にブログセブ島編|カテゴリー別記事

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします に ...

続きを見る

 

フィリピン生活上がりの自分にとって水道水を飲むのが楽しいイベント

世界に9ヵ国しかない水道水が飲める国の1つ「日本」

 

国土交通省によれば、世界中で水道水をそのまま飲める国はたったの9カ国らしい。

日本はそのレアな国の一つとして数えられる。

フィリピン生活上がりの私としては、日本生活の醍醐味はなんてったって水道水がグイと飲めるということ!!

常にペットボトルの中に水道水を無造作に詰め、冷蔵庫でガッツリと冷やし、腰に手を当てて毎日飲むのがとても嬉しい。

 

イノセント
カルキ臭くない?
モトボサツ
いや、全く気にならんばい

 

そういえば、昔日本に住んでいた頃は、スーパー等でいちいちペットボトル入りのミネラルウォーターを大量に買い込み、それを常飲していたのを思い出した。

しかし、今はミネラルウォーターを買う気にならない。

長きに渡るフィリピン生活で納得できる生活水準が圧倒的に下がっているのだ。

ちなみに、セブ島の生活では水道水が飲めず、1本75ペソのガロンボトル入りの飲料水を月に20本配達して貰っていた。

つまり、飲料水代が毎月3000円かかるのだ。

 

 

しかし、水道水が飲める日本ではわざわざ別途飲料水を買わなくても生きていける。

もうこの便利さは何物にも代え難い。

 

過半数の日本人は水道水を飲まない

全ての日本人が日本では水道水が飲める事実を知っているはずだが、実際に日常生活で水道水をダイレクトに飲んでいる人は4割らしい。

『あなたは、普段、水をどのように飲んでいますか。』(○はいくつでも)

● 特に措置を講じずに、水道水をそのまま飲んでいる–43.9%
● ミネラルウォーターなどを購入して飲んでいる–33.9%
● 浄水器を設置して水道水をそのまま飲んでいる–28.0%
● 水道水を一度煮沸して飲んでいる–18.4%

 

福岡中州及び、ツイッター上でのアンケート調査

  • 水道水を飲んでいる人 50%
  • ミネラルウォーターまたは浄水器を通して飲んでいる人 50%

 

 

モトボサツ
あの、普段の生活で水道水って飲むとね?

「いや、うちは美容に良いミネラルウォーターを配達して貰っとるクサ」

 

隣に座った全員に同じ質問をしたが、水道水を飲んでいるという「大和なでしこ」は皆無だった。。。

夜のキャストに限らず、美と健康を意識する女性で、水道水をダイレクトに飲んでいる人っているのだろうか?

 

水道水を飲まない理由

 

世界的に見ても日本の水道水の安全性はトップクラス!

飲める水道水を飲まずミネラルウォーターや浄水器を使っている人は過半数に及ぶ。

こちらのサイトによると、水にこだわる人は月額2万4000円以上かけているそうだ。

「水にこだわる派」の44%(全体の26%)が、1カ月で2000円以上=年間2万4000円以上を、飲み水にかけていると回答しました。水道代を除いた金額です。

また、1カ月で4000円以上使う家庭も、「水にこだわる派」の18%(全体の10%)に上ります。

年間4万8000円以上になりますが、飲み水を重視するなら当然の額なのかもしれません。

 

水道の配管や蛇口の老朽化問題。

建物の築年数が古いとそういう懸念も起きてくるのだろう。

水の衛生を保つための塩素が水道管の赤さびを作ってる原因になっているという皮肉な現状。

しかし、国全体の配管を入れ直すとすると130年かかると言われている。

フィリピンから戻ったばかりの現在は、相対的な感覚の問題で日本の水道水を楽しみたいという心理が働いているのだが、私もそのうち、この環境が当たり前となり、ミネラルウォーターを購入したり、浄水器を設置したりするのだろう。

 

もしこの情報が少しでもお役に立ったら、ラインキング応援クリック1回強めにお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-コロナ帰国後の生活, 日本vsフィリピン

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.