未分類

【コスパの殿堂】軽いウエイトレスが勧めるセサメフライドチキン@JAPENGO 想定外に美味い 

投稿日:2017年6月8日 更新日:

セブのなんちゃって日本食の中でもキナ臭い部類に入るのがJAPENGO。

一般的に日本人は極力避けて通る存在だ。

その日はロビンソンサイバーゲート内にあるラーメン道場で昼食をと考えていたのだが、加熱するセブラーメンブームのせいか生憎満席御礼中だった。

独りでフィリピンレストランに入ると痛すぎる。

いっその事、昼をスキップしようかと思っていた所に、ふとJAPENGOが目に入った。

ラーメン道場とは対照的にガラ空きだ。

何となく立ち止まって外側にあるメニューを見ていると、ノリの良いウエイトレスが尻を振りながら寄ってきてついつい招き入れられてしまった。

199ペソでチキンカレーがある!

ひょっとして、意外とイケたらどうしよう♡

冒険心が妙に騒ぐ。

これ一つ下さいな
「kANI USA」
カニ ウサ

品切れです
WALA SIR
ワラ セール

出たー!必殺の品切れ攻撃。

悪びれることなく機械的に答えるウエイトレス。

Di ko kasalanan. 私のせいじゃないとガチで思っている。

チキンカレーだけじゃなくカレーのルー自体が無いらしい。

やっぱり壊滅的に雑な国だ。。。

逆にこんな管理でよく生き残ってるなとこの国の摩訶不思議さを痛感する。

フィリピンのビジネスオーナーは先祖代々庶民から搾取してきた蓄財により無駄に余裕のある方が多い。

「HOW ABOUT KANA セール?」

ノリの軽いウエイトレスはくねくね尻を振りながら私の前に立った。

全然嫌いじゃない。

※但し利害関係の無い場合に限る。

カレーの上にある79ペソシリーズを指さした。

10ペソでドリンク追加。

ドリンクとはノーチョイスでアイスティー。

このセットで100ペソ切っていれば悪くない。

自虐的な気持ちで軽いウエイトレスお勧めのSesame fried chickenを注文してみた。

セサメって一体何だ?

待つこと15分。

全然来る気配がない。。。

暇すぎたので、メニューを隅から隅までじっくり眺めてみた。

一番上のTORE TEBA JOとは一体。。。

シリをふりふりアイスティー持ってきたノリの軽いウエイトレスに聞いてみた。

「DAY, UNSA NI? ダイ ウンサ ニ?」これって何?
「チキン セール」

そうか、TOREはTORIと変換すると理解できる。要するに手羽先の事だ!

上から4番目、必殺のOYAKUDON(オヤク丼)165ペソ。

おやく丼とはフィリピン風親子丼の事だ。

それと、丼ぶりメニューの一貫性が無いのが気になる。

GYUDON

KATSU DONBURI

DONで終わったり、DONBURIになったり、一貫性がない。

飲食店ネガティブリストフィリピン率ガチ100%の定めだ。

メニューというよりフィリピン人がイメージする日本図鑑だ。

メニューの中になぜか全裸で寿司を食べる女性の姿が。。。

そんなイメージで日本人の事を見ているのだろう。

 

そして、ついに、私の注文したSesame fried chicken ものがやって来た。

Sesameはひょっとしてセサメじゃなくセサミの事なのかもしれない。

揚げたてのアツアツチキンとキャベツとライス。

キャベツが余計だとフィリピン人は言うが、日本人はたとえ少しのキャベツでも安心する。

ウミャー!

これは想定外に美味い。

20分待った甲斐があった。

ライスの質も炊き方も悪くない。

もっとJAPENGOを応援しなければならないと反省した。

食える100ペソ以下シリーズ。

モトボサツ殿堂入り決定!

こちら良かったら応援クリック強めにお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-未分類

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.