モトボサツ的

【心霊写真】某語学学校でたまたま写ってしまった身の毛のよだつ7枚の写真

投稿日:

先日セブにある日系の語学学校を訪問した時のこと、実名は伏せるがその学校の生徒が集まる食堂エリアで撮影した時に妙なものがたまたま写ってしまった。

撮影時間は13時23分。

撮影の許可はもらい、留学生やフィリピン人講師が食事をしている様子を遠巻きに撮影していた時のことだ。

食事中にあからさまに撮影するのがちょっとはばかられたので、スマホのカバーをしたまま適当にシャッターを連射していた。

訪問が終わってスマホのアルバム機能で撮影したものを一覧で開いてみると、妙な写真が7枚紛れ込んでいた。

レンズに指でも入ったのか?

明らかに異質だ。

画面を押して対象の写真を広げてみると、なんとそこには充血した人の目が接写状態で大きく写っていた。

一瞬自分をセルフィーモードで撮影したのだろうかと思ったが、自分の目とは明らかに違うし充血していない。

そしてあの時間はモニター側にカバーをかぶせていたので写るはずがない。

しかもこのサイズの目を撮影するにはレンズとの距離は3センチ未満でないと撮れないだろう。

なんだこれ。。。

家に戻ってティムに見せたが、間違いなく私の目とは違うようだ。

カメラがとらえた衝撃的写真。

これは心霊写真なのか。。

心霊写真ブロガーとしてデビューする予兆?

 

こちら良かったら応援クリック強めにお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-モトボサツ的
-, ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.