未分類

フィリピン「ファミリー」体験☆彡 ヒモは3日やったら止められない

投稿日:2016年4月2日 更新日:

amaヒモという言葉は女性に養ってもらっている男に対する言葉で男性に養われている女性に対しては使われない。

ヒモ=紐

海女さんが海の中に潜り、息が続かなく限界になると腰に付けた紐を引いて船の上の男に合図し、男性はその合図で紐をたぐり寄せる。 その間、男性は船の上で待っているだけなので、「ヒモ」というようになった。

日本では男は働いて女性を養うというスタイルが基本であり、それが逆転すると大変である。

一方フィリピンでは性別関係なく働かない人の事を「ファミリー」と呼ぶ。

フィリピン人が「ファミリー」という単語を使う時は基本ネガティブな材料として登場する。

ローカルフィリピーナとちょっと踏み込んで付き合うと大変だ。

食事に行く時は子供はおろかいい年した男までゾロゾロ付いてくる。

プライドとか全く無さそうだ。

迷いの無い顔をしている。

先日SMで財布をすられてATMカードも丸ごと失った。

ATMカード再発行には7営業日かかる。

ホーリーウィークと重なり未だに再発行されない。

それから約2週間オカニをティムに全部出してもらっている。

食事、日用品、ガソリン代、駐車場代に至るまで全て。

それと小遣い5000ペソを2日前に借りた。

なんだか「ファミリー」になった気分だ。

今までの人生がウソのようにニュートラルな気持ちで生きれる。

素晴らしい!

こんなに素晴らしいのならファミリー達は働きたくないだろうな。。。

「ファミリー」疑似体験もう少し延長したいと思う。

これがエスカレートするともしティムが日本人の彼氏とか作ると喜ぶようになるのだろか。

小賢しいタンバイのごとく遠隔的にセットアップとか画策したり。。。

ふふふ。

ファミリー生活をしているうちにティムに借りた5000ペソとかウヤムヤにしたくなってきた。

フィリピンの仕組みが少しわかって来た気がする。

 

明日ATMカード取りに行くのやめようかな。。。

 

良かったら応援クリックを強めにお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

 

スポンサーリンク







  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-未分類

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.