カルチャーショック 未分類

【出会い系?】セブのシングルマムズクラブとは?

投稿日:2017年11月6日 更新日:

前から物凄く気になっていたSINGLE MOMS CLUB(SMC)の存在。

これはキャッスルピークホテルをアヤラ方面に20m程通り過ぎた左手のカーウォッシュ&ローカルレストランの所に貼りつけてあるものだ。

ティムが言うには、シングルマムクラブのIDを提示すると洗車が安くなるのだと得意げに説明されたが、そもそもフィリピンのシングルマザーが自家用車を乗り回し洗車場へ向かうのが想像できない。。。

シングルマザーが既に社会的身分の一部として確立するほどシングルマザーだらけの国でわざわざ今更自分がシングルマザーであると名乗る必要性が微妙ではある。

入会資格や会費と特典についてウエブやFBで軽く調べようとしたが、全然ヒットしない。

そればかりか出会い系ばかり出てくるのだ。

ちなみにこんなサイトが出てきた。

Philippines single parent Dating

フィリピン片親専用出会い系?

サイトはこちら

フィリピンなのになぜかガイジン女性の顔。。。

怪しいを通り過ぎて危ない。

その他、シングルマザーと出会うためのサイトばかりが出てくる。

日本のような社会保証性が全く感じられず、シングルマザーが出会いに飢えていて”シングルマザー=簡単に出会える”という足元を見たイメージが先行するのだろうか?

日本人はシングルマザーに対する偏見は少ない。

むしろ、頑張っている人へ応援したいというレスペクト感さえあるのだが、フィリピンは違う。

日本人が子持ちのフィリピーナと付き合うと、決まってこう言われる。

「日本人はなんでわざわざシングルマザー選ぶかな?」

たしかに女性だらけの国でわざわざそっちへ行かなくても良いと思うのが一般的なフィリピン人の感覚だ。

フィリピンのKTVで”シングルマザークラブ”という店を作ると意外とイケたりする気がしてならない。

フィリピンでなんかやろうとしてる方、どうですか?

 

こちら良かったら応援クリック強めにお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-カルチャーショック, 未分類

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.