ピグサ(激痛を伴う皮膚病) 現地で病気怪我

【フィリピン激痛シリーズ】全治1カ月「ピグサ」まとめ記事

投稿日:2019年1月29日 更新日:

2018年12月30日から突然できたピグサ。

英語でBoilsと呼ばれるこの細菌性皮膚病は Staphylococcus aureusという黄色ブドウ球菌による感染症である。

単なるはれ物とは思えないほどの凄まじい痛みが続く。

抗生物質を飲んでもあまり効かず、患部は完全に崩落し肉はエグれ最後は月面のクレーターのようになる。

そこから完全に皮膚が繋がるまで2週間かかった。

95%治癒を記念してこのまとめ記事を書くことにした。

2018年左腕 全治2週間

何の因果か左腕が突然「ピグサ」になる。

2,263view
【恐怖のピグサ】謎の「細菌性皮膚病」がセブを襲う~激痛を伴い真っ赤に腫れあがる!

謎の腫物がセブを襲う フェイスブックを通じて色々と知り合いの近況が分かるのだが、現在セブ在住者の間では謎の皮膚細菌感染症 ...

続きを見る

異様な腫れとジンジンと疼く鋭い痛みが続いた。

フィリピンの医療にはかかわりたくないが、たまらずクリニック受診。

 

右まぶた 全治2週間

腕よりまぶたの方が100倍痛かった。

もううんざりと思っていたら。。。

1,949view
【ピグサの呪い】ドラッグストアで「眼帯下さい」と言って持ってきた物が秀逸すぎる!?

先週の日曜日からスタートした左瞼の「ものもらい」がかつてないほど悪化し、左側の奥歯や頭痛まで誘発した。 ようやく終焉が見 ...

続きを見る

 

左まぶた 全治2週間

まさかの2連打。

右が治ったと思ったら反対側が腫れてきた。

前回より更にひどい。

1,778view
【フィリピン医療あるある】ピグサの呪い~ドクターが処方箋を書き間違える件~薬局が売ってくれない処方箋

フィリピン版「ものもらい」はビサヤ語で「BENGET」(ベンゲ) 私は今人生最大級の「ものものらい」に苦しんでいる。 「 ...

続きを見る

 

右脇の下 全治1カ月

実はこれが最も長引いた。

膿を熱したボトルで吸引したのは激痛を伴う快感だった。

結局ほぼ完治するのに1カ月かかった。

2,144view
【閲覧注意】地獄のピグサ(PIGSA)日記~熱したボトルで膿を吸い出す動画あり(びっくり)

昨年散々苦しんだ謎の腫物はタガログ語でPIGSA(ピグサ)、英語名でBoilという名前だと分かったのは去年の暮れのことだ ...

続きを見る

 

プチピグサ 左ふくらはぎ内側

脇の下を患っていた時に同時に小さいピグサが左側に出来たのだが、これは抗生剤入り軟膏でやっつけたかったので毎日盛んに塗り続けた。

少しだけ腫れたが、化膿には至らず終焉。

しかし、なぜ左側ばかり出来るのかが不思議だ。

体の抵抗力のバランスに起因するものだろうか?

ピグサが出来たら耐えるしかない。

SULTAMICILLIN tosylate 750mg

私の場合抗生物質はあまり効かなかったのだが、知り合いから聞いた情報によると下記の薬が効いたらしいので参考までに。

ドクターの処方箋がないと買えない

 

 

もしよかったらブログランキング応援ぜひ一回だけゴリっとお願いします!!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-ピグサ(激痛を伴う皮膚病), 現地で病気怪我
-, , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.