日本vsフィリピン

【日本vsフィリピン】私の住むセブ島にはレズやホモがウジャウジャ|差別を受けない理由を科学する

投稿日:

日本でレズやホモは一発で差別される

私の大学の後輩にアベちゃんというのがいて、日本では珍しく堂々とニューハーフであることを露出していた。

彼?が一生懸命司法試験の為の勉強をしていた理由はただ一つ。

ニューハーフだから一般企業には就職できない。

私も小学校の時に感じた日本の集団行動の息苦しさに限界を感じ、それ以降大人の学校と言われる一般企業へ就職をしたくないという気持ちが強く働いていたことは確かだ。

イノセント
私もレズ気味だったのでイジメられたことがあるわ
モトボサツ
それでフィリピンへ流れて来たとやね

島国根性という名の元、日本はマジョリティーから1㎜でも外れた行動をする人を変な人ということで差別されてしまう。

フィリピンも7000の島からなる島国だが、周りには普通にホモやレズがウジャウジャいて特に差別されることはない。

島国根性とは一体何なのだろうか?

いや、差別されるどこか「あいつはオカマちゃんだから頭が良い」と言われ差別どころかアドバンテージさえある。

ボサツイートより

 

(個人主義)Individualism vs(集団主義)collectivism

カフェでオーダー中のポリス

モトボサツ氏のツイートより引用

日本で制服のままカフェでオーダーなんかした日には社会的に炎上してしまう。

しかし、フィリピンでは日常の光景だ。

税金使ってどうのこうのというのがこの辺の攻撃スパイスとなるのだが、フィリピンはそもそも税金を馬鹿正直に払っているのは日系企業だけといわれる。

ワイルドな短髪のポリスウーマン3名がカフェに登場。

フィリピンでは軍やポリス、警備員にも女性が沢山いるが、その殆どがレズと言われる。

ホモやレズを受け入れる寛容性の側面のみならず、日本とフィリピンは人生のベクトルが180度違う。

個人主義と集団主義とは常に幸せの方向性のサンプルとして登場する。

集団主義者はグループの目標によって動機付けられます。長期的な関係が非常に重要です。集団主義者は、チームの成功を認識して賞賛するために、個人の利益や賞賛を簡単に犠牲にします。実際、チームの他のメンバーから選ばれ、名誉を与えられることは、集団主義的な人にとって恥ずかしいかもしれません。

個人主義の一般化された地理的クラスターは、アングロ諸国、ゲルマンヨーロッパ、および北欧で見られます。集団主義の地理的クラスターは、多くの場合、アラブ諸国、ラテンアメリカ、Conf教アジア、東南アジア、およびサハラ以南のアフリカにあります。

ベトナムの状況

ベトナムに住んでる者ですが、こちらでは、子どもがレズビアンやゲイであってもそのように育てて、皆さんオープンで、会社も差別をしません。大学を卒業し、卒業したら、選択肢は増えますので、それまで頑張って勉学や趣味に励んでみください。

ツイッターより

集団主義とは一種の宗教的な側面があり、国民は全て同じような服装をし、社会が個人を規制するので統制がとりやすい。

個を犠牲にすることが存在たらしめるメカニズムなので、犠牲の代名詞である戦争になったら物凄く強い。

一方、個人主義の国では国民の思考や人生観もバラバラで国として高度に進化するのは難しく、植民地上がりの国では下剋上さえ許されない貧困が続く。

個人の幸福度はどちらが高いのか実際住んで比べてみればわかるだろう。

日本で38年、フィリピンで13年暮らして感じること

ツイートでも同じことを書いたが、「皆自分と自分の人生にだけ興味があって他人にことはどうでも良いから。逆に日本は他人または他人と自分の関係性に興味があり過ぎて差別が文化になっとるとです」というのが私なりの確信だ。

要するに他人に興味があって仕方がないのが日本。

世界一ブランド好きと言われる日本人。

せっかく海外旅行に行っても、その目的は世界遺産でもなく観光名所でもなく、高級ブランドショップで買い物をすることだという人も少なくない。

セブのパチもの市場として有名なパークモールの2Fに来るのも殆どが日本人だ。

品質が良いから買うのではなく他人の目を気にしているからブランドを身に着けるという思考。

もし、日本でホモやレズがブランドになれば、おそらく無理してでもホモやレズになるまたは成り済ますはずだ。

もしよかったらブログ村ランキング応援クリックぜひ1回強めにグリっと押してください!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

広告バナー募集中 問い合わせはこちらからどうぞ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-日本vsフィリピン
-, , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.