俺のビサヤ語

教えてボサツさん|シノログ祭りの歌で「シ~ヌ~ログ♪」の後ってなんて言ってんの?

投稿日:2020年1月17日 更新日:

SINULOG(シノログ)のテーマソングの謎

長かったクリスマスを終え、今年もSINULOG祭りの季節がやってきた。

1月19日のメインイベントに控えたセブの街ではどこに行ってもあの歌が流れている。

「シ~ヌ~ログ♪ハァッ」

SINULOGは日本語でシノログまたはシヌログと書かれるが、サウンド的にはシヌログの方が近い。

イノセント
あの歌、シヌログ♪の後って何て言ってんの?

ビサヤ語が分からない人でも「シ~ヌ~ログ♪ハァッ」の部分は聞きとれるだろうが、その次に何を言っているのか分かる人は殆どいない。

そこで今回は謎のシヌログソングの歌詞の和訳を北京原人でもわかるレベルでシンプル解説したい。

歌詞の前半パート

pit señor ピットセニョ~ル

pit señor ピットセニョ~ル

pit señor ピットセニョ~ル

Sinulog (ha) シーヌーログ

isyagit og kusog (ha) イシャギ オグ コソッグ

pit señor pit señor ピットセニョ~ル×2

tanan magsaulog (ha) タナン マグサウロッグ

Sinulog (ha)   シーヌーログ

isyagit og kusog (ha) イシャギ オグ コソッグ

pit señor pit señor ピットセニョ~ル

tanan mag saulog タナン マグサウロッグ

señor kang lolo kini セニ~ル カン ロロ キニ

pit señor kang lola kini  ピット セニョール カン ロラ キニ

歌詞の解説

pit señor ピットセニョ~ル 

 ビサヤ語というよりも古くからのセブアノ語で“sangpit sa señor.”から来ている。

意味は「サントニーニョさんよ~」という呼びかける感じで、森進一の「おふくろさん」のように空を見上げりゃ空になる。

isyagit og kusog (ha) イシャギ オグ コソッグ

基本動詞のsyagit(シャギット)は叫ぶという意味で北九州弁だと「おらぶ」に相当する。

最初にiがつくと未来形でこれから叫ぼうぜといった意味。

次のkusog(コソッグ)は強くという副詞である。

土砂降りの雨を表現する場合にKusog ang uwang(激しい雨)という。

isyagit og kusog (ha) イシャギ オグ コソッグは「大きな声で叫ぼう」という意味となる。

tanan mag saulog タナン マグ サウロッグ

tananは全部または皆さんという意味で物体でも人間でも使える。

この場合は人間で全員と皆さんという意味。

mag saulogは祝うという意味。

tanan magsaulog (ha) タナン マグサウロッグは「皆でシヌログ祭りを祝いましょう」ということなのだ。

señor kang lolo kini セニ~ル カン ロロ キニ

kangは英語で言えばfor。

loloはお爺さん。

Kiniはこれ。

これはお爺さんの為だよという感じになる。

サントニーニョの人形を持って踊りながらそれぞれのご利益を祈っているのだ。

pit señor kang lola kini  ピット セニョール カン ロラ キニ

lolaはお婆さん。

これはお婆さんの為だよという感じでサントニーニョの人形を振りながら踊るのだ。

まとめ

この歌詞が分かると、次からあの歌が全部わかるようになって口ずさむことになろうだろう。

ぜひ変な日本人を目指して頂きたい。

 

 

 

もしよかったらブログ村ランキング応援クリックぜひ1回強めにグリっと押してください!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

広告バナー募集中 問い合わせはこちらからどうぞ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-俺のビサヤ語

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.