日本vsフィリピン

【国際結婚の本音】エッチの後冷たくなる日本人男性vsフィリピーノ

投稿日:

もし良かったらここで1回応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

たんぱくな日本人

一旦海外に出ると良い事も悪いことも含め日本人の特性が容赦なく暴かれてしまう。

“優しさ”に対する評価もそうだ。

私が一番最初に衝撃を受けたのが韓国人男性にメロメロになる日本人女性の存在。

語学留学先で知り合った韓国人男性とカップルになる日本人女子は多く、終いには英語ではなく韓国語が上達して卒業するという皮肉な現象。

究極的には本人が幸せならそれで良いのだが、見た目はほぼ同じな日本人男性と韓国人男性の違いがどうなのか気になって質問してみたことがある。

 

ジャパニーズVSコリアン

モトボサツ
日本人男性と韓国人男性の違いって?

「うーん、優しいの」

モトボサツ
たとえばどんな風に?

「例えば、車のドアを開けてくれたり、とんかつ切って切れたり ふふふ」

 

そのとってつけたような優しさとやらがとても戦略的でキナ臭いが、まるでホテルのポーターのように車のドアを開けたり、とんかつを切ったりしている日本人男性を見たことがない。

韓国好きな日本人女性は韓国人男性のそう言う部分に優しさを感じるらしい。

 

ジャパニーズVSフィリピーノ

ここ数年フィリピン人男性とカップルになる日本人女性が増えて来た。

何度かフィリピン人の旦那や彼氏のいる日本人女性にインタビューしたことがある。

 

モトボサツ
日本人男性とピノイの違いってどう?

「うーん、優しいの」

モトボサツ
それって定番やね!で、どんな風に優しいの?

「エッチした後に冷めないっていうか、終始野性的で賢者タイムがないのよね」

 

あくまで私の調査の範囲内だが、エッチした後に冷たくならないのがフィリピーノの優しさらしい。

賢者タイムって何?

賢者タイムとは、射精後に感じる脱力感がまるで煩悩を捨てた賢者のように見えることから「賢者タイム」という言葉が生まれたようです。
でも、なぜ賢者タイムが必要なのでしょうか。それは、太古の昔、狩をしていた時代にさかのぼります。男性はセックスの後すぐに周りを警戒し、自分や女性、子供を守らなければなりませんでした。そのために男性は、セックス後にすぐに冷静沈着モードになるように本能に組み込まれていて、その名残が残っているのだそう。

 

フィリピン人男性の事情

エッチが終わるとそのまま寝たい。

これはフィリピンあるあるだが、寝て起きたらオカニ(お金)と共にフィリピーナがいなくなっていたりする。

フィリピン人男性がエッチが終わっても優しい理由はそれを仕事だと思っているからかもしれない。

一般的にフィリピンでは女性が働き男性はフラフラと遊ぶスタイルが普通なのだが、なぜそれが許されるのか?

それはフィリピン人男性は女性を喜ばせ一生懸命働かせるという天然のホストであるという事情がある。

だからエッチが終わった途端、本当は寝たいのにもうひと踏ん張りして事後のケアを欠かさない。

 

 

特に日本人男子はこの落差が顕著らしく、元カノTにも言われたことがある。

モトカノT
ネホンジン(日本人)ってエッチ終わったらチュメタイ(冷たい)ダカラ
モトボサツ
す、すんませんな。。。

 

これは愛が薄いとか悪意があるわけではなく、エッチが終わると突然別人になってしまう男性の悲しい特質によるものなのだ。

 

関連動画 エッチのあとに(日本人)男性が冷たくなるメカニズム

  • 男女は別の生き物
  • 男性はエッチが終わるとそっぽを向いて寝てしまう
  • これをやると女性はイジケル
  • エッチ後の男性の脳は疲れている
  • フルマラソンが終わったあとの疲れと同じレベル(←嘘やろ)
  • 直後に女性から尋問が行われる
  • エッチどうだった?
  • 私のこと好き?
  • 本当は簡単にエッチしない女よ
  • 男性はそんな話を聞きたくない
  • 寝たい
  • 大事なのはエッチ後に男性をまず一旦寝かせることが重要
  • セックスは磁石に似ている
  • エッチの時だけ磁石のようにくっつき一心動体となる
  • 終わると磁石が変わり反発する
  • それを女性はつめたくなったと感じる
  • 体が目的だったのねとスネる

 

モトボサツ的解説

男性は射精するたびに小さく死んでいる

 

日本人の男性はセックスが終わると冷たくなると言われる

夫婦や恋人の関係性は人生の中でお互いの価値観を共有したり助け合って生きるために特定の関係性を築くものだ。

しかし、男性が下着を脱ぐ目的は射精。

その一大プロジェクトを達成したら一種の燃え尽き症候群となる。

そして自己嫌悪。

性欲という煩悩が一気に抜けてしまうと全裸で変態的な行為をしていた自分がとても嫌になってしまう。

用済みとなった傍らに横たわる女体。

空虚な自己嫌悪。

世間で賢者タイムと呼ばれている清らか過ぎる思考。

女性はセックスすると妊娠する。

出産で命を落とすこともあり、女性にとってセックスは命の危険を伴うイベントなのだ。

男女同罪であるべきセックス。

女性のみにリスクを負わせる不条理。

宇宙は完璧なバランスにより男性は1回の射精で2週間も寿命が縮むというその事実はあまり知られてない。

つまり男性は毎回小さく命を削っているのだ。

なんと儚い存在なのか?

命を作り出す作業で消える命。

女性は傍らにそっぽ向いて寝ている男を哀れにそして愛おしく思えばそれでいい。

 

もしこの記事がお役に立ったらランキング応援クリック1回強めにお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 

13年の歴史に裏付けられたサプリ 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-日本vsフィリピン
-,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.