セブの日本語教育 日本vsフィリピン

【モトボサツの指南】日本語能力試験N4vs国際結婚|台湾カフェ編

投稿日:

日本語能力試験(JLPT)の試験日がやって来た。

年に2度(7月、12月)あるこの試験はフィリピンにおいて超右肩上がりに受検者が増えており、特定技能ビザ取得の要件としてN4以上が指定されてからは、N4受験者が圧倒的に多くなっている。

N4を合格すれば自動的に日本行きのビザが手に入るという噂が一人歩きしている状態。

これまでは、日系企業で働くワーカーのたしなみのような存在だったが、これからはもっとダイレクトに日本へ行くという目的が明らかになってくるのだ。

2019年12月1日の受検申込状況

フィリピン申込者数 13745名

1位 マニラ(8912)

2位 ダバオ(2390)

3位 セブ(1736)

4位 ラグナ(511)

5位 カガヤン デ オロ(196)

 

レベル分布

1位 N4(7629)

2位 N5(3675)

3位 N3(1505)

4位 N2(714)

5位 N1(222)

 

マニラは規模が大きいのでラグナ地区と会場を分けており、更に新規でカガヤンデオロがここ数年入ってきている。

そのうちネグロス島のバコロド市にもJLPTの試験会場会場ができるのだろう。

セブの受検者よりダバオの受検者数の方が多いのがフィリピンの不思議な特徴だが、日本人が作ったミンダナオ国際大学の日本語学科の存在が大きいと言える。

1,534view
【ぶっちゃけ給料5倍以上】庶民はミンダナオ国際大学(通称MKD)に行けぇ!

使えるフィリピン人は安くないぞ これまで日本語が話せるスタッフを探している日系企業や個人事業へのアプリカント探しをしたこ ...

続きを見る

 

N4ってどんだけ?

日本の労働人口減少対策として特定技能という在留資格が制定され、18歳以上の外国人は要件を満たせば通算5年以内で建設、介護、外食、ホテル旅館、農業等14種類での就労が可能となった。

要件として技能試験と日本語能力試験(N4以上)が求められている。

外国人が「特定技能」の在留資格を取得して就労する場合、生活に支障がない程度の日常会話とそれぞれの業務に求められる日本語能力が求められる。

私はこれまでセブで多くのN4合格者に出会ったが、率直に言って日本語での会話を成立させることは難しく、途中からビサヤ語での会話となるケースが大半だった。

一般生活レベルのリスニングは70%程度分るので、簡単な指示を受けて黙々と動くだけの機械的作業であれば何とかなるだろうが、北九州とか山梨とかの強烈な方言の地域に行くとN4ではとても太刀打ちできない。

日本人の私でも何を言っているのか理解するのが辛い場面がある。

モトボサツ指南 カフェ編

先日、某台湾人経営のカフェに行ってみた。

豆(DOU)と書かれたシックな店は日本の美学に通じるワビサビを感じさせる店内だ。

大通りから外れた目立たない場所で店内に客は誰もいなかった。

女性スタッフが一人黙々とドーナツの仕込み作業していた。

暫らくして私に気が付き笑顔で挨拶してきた。

フィリピンあるあるなスマホを弄りながらふて腐れながら対応するローカル流がないことが嬉しい。

歳の頃はそうさのぉ25歳くらいか。

モトボサツ
ここは台湾人のオーナー?

「はい、そうです」

モトボサツ
語学留学生上がりの若い台湾人?

「よく分かりますね」

モトボサツ
そんな感じだろうなって思った

「ネホンジン(日本人)?」

モトボサツ
うん、コリアンじゃないぜよ

「お客さんグワポだからすぐわかるよ」

モトボサツ
おおお、ドーナツ全部買います

「私はN4合格して日本に行きたいんです」

モトボサツ
っていうか、明日試験だよ

「えええ、そうなんですね」

試験の日程も知らないのにN4受かると日本に行けるという偏った情報だけは持っている。

いっそセブでN4受検専門店でもやろうかな?

「N4って難しいの?」

モトボサツ
最低1年はかかるね

「オーマイガー」

モトボサツ
でもさ、普通に実習生としてサクっと日本に行って、滞在期間中に日本人の彼氏作って結婚して永住権ゲットするのがベストばい

「Bitaw ホントね」

私は顔は冗談半部だが、かなり本音だ。

一般のフィリピン人がゼロから始めてN4を合格するには1年以上かかる。

漢字や平仮名の読解ハードルがマッターホルン並みに高い。

しかし、日本語が話せるようになるということは、日本人の思考に近づくということで、そういう観点からは日本人のマインドと共存しつつ日本で生活する上で日本語の能力は必須条件なのだ。

 

もしよかったらブログ村ランキング応援クリックぜひ1回強めにグリっと押してください!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

広告バナー募集中 問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-セブの日本語教育, 日本vsフィリピン
-, , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.