デング熱、日本脳炎 未分類

最後のデング熱 セブ島闘病日記 その1 総額5万ペソ

投稿日:2016年9月20日 更新日:

dengue01
実はまさかの4度目のデング熱になってしまった。

9月12日(月)夕方ついに入院し、血液検査の結果デング熱ポジティブ反応。

それから正しく闘病生活へ突入し木曜日には血小板の数値が18000まで急降下。

同じ血液型で輸血してくれる人を探せと言われ狼狽する。

おいおい血液ってフィリピンじゃ自分で探すのかよ!?

私の血液型はフィリピンではレアなAB型。。。

出来れば日本人が良い!

フィリピン人の場合、実は全然ABじゃなかったり、当日来なかったり遅刻したりとにかく絶望的な予感が消えないのだ。

絶望的な思いのままFBでお願いしてみると輸血に快く協力してくれるという日本人の方が何名か連絡してくれた。

こういう義理は絶対に忘れない。

お蔭さまで輸血の危機を回避することができ、9月20日(火)に退院したので8泊9日、請求金額50000ペソ。

やはりセオリー通りデング熱1週間で10万円という相場はキープされているようだ。

 

発症からの入院までの経過

土曜日未明に発熱し、午後血液検査を受けたがデング熱の気配はなかった。

高熱とまるでキリで脳の神経を刺すようなドカン級の頭痛が断続的に襲ってくる。

しかし食欲ゼロ。

まず唾液が全く出ない。

根性とかで制御出来るレベルを超えている。

無理やり食べ物を口へ詰め込んでみたがまるで砂でも食っているように無機質な物体が口の中に残留するだけだった。

食べ物の匂いを嗅いだだけで気分が悪くなる。

きっとつわり中の妊婦はこんな感じなのだろうか?

結局3日間食べ物を受け付けない生活が続いた。

心配したティムがとりあえず入院してせめて点滴をしようと言い出したので従う事にした。

保険のカードを提出すると主治医はいるかと聞かれた。

年寄りでもあるまいし、主治医なんて洒落たもん居るわけがない。

とりあえず順路としてERへ行けと指示を受けた。

ERは思った以上に整然とし、そしておもったより職員の動きが良かった。

私の知っている某大学付属の病院のERのように暇なナース同士がチチクリあって遊んだりしていないのだ!

ERの若いドクターがやってきた。

歳の頃はそうさのぉ、30歳前後か?

いかにも育ちの良さそうな青白いインテリ顔をしており英語も巻きの少ない良質な英語。

やはりこの国は英語力がインテリジェンスをそのまま表すようだ。

私は土曜日に受けた血液検査結果を提出し青白いドクターに経過を説明した。

もう一度血液検査とデング熱チェッカーをかけることになった。

 

恐怖の点滴針

フィリピンでは点滴針を手の甲の血管へぶち込むしきたりになっている。

問題なくサクッとやってくれればよいのだが、ERはなぜか下手クソな男性ナースが多い。

やはりぎこちない手つきで何度も失敗された。dsc_0008「あなたの血管くねくね動くからやりにくい」

と血管のせいに。。。

そりゃ鉄管じゃあるまいし当然に動くだろう。

ちょっと頭悪すぎやね。

左手から右手に変えてみてもらったが依然としてツーンと痛い。

私が痛がるとこう言いだした。

「痛いはずがない!」

いやいや、本人がめちゃ痛いっていってるのだ。

アホ過ぎ。

 

別の男性ナースがやってきて何とか落とし前を付けてくれた。

それでも仕上がりは50点前後。

 

ようやく病室へ

病室へ移動する前にレントゲン室へ。

私の前はいかにもお金の匂いのするチノイなオヤジだった。

脳梗塞なのか全く言葉が話せない感じ。

太った奥さん息子がオヤジが終わるのを携帯弄りながら待っていた。

熱で体がガタガタ震えている。

それでも服を脱いで冷たいXレイ用の板に胸と付けるのが非常に辛かった。

既に打ちのめされながらもようやく車いすは病室へ向かった。

私の部屋はスタンダードプライベート。
dsc_0011

この部屋の下はいきなり扇風機仕様の大部屋となる。

WIFIのパスワードを貰ったがインターネットを使う元気がない。。。

あとで分かったのだが、ここのWIFIほぼ繋がらなかった。

全くもってフィリピンらしい。

あとトイレの水がたまに流れない。

シャワールームに給湯器があるが、使い方が分からない。

まぁ使わないから関係なかったが。

食事はこんな感じで3度きっちり運ばれてくる。

dsc_0030

食欲が全く無かったので殆ど手をつけずに返却してしまうのが非常に切なかった。

唯一食えたのがスイカ。

水分の多い果物は命水。

こんな感じで入院生活が始まったのだった。

 

よかったら応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

 

SPONSORED LINK






-デング熱、日本脳炎, 未分類
-, , ,

執筆者:


  1. 世界の町へ より:

    4回もデンゲになってよく回復できましたね。
    4回もデンゲになるのもすごいです。
    聞いたことがないです。

  2. 魔神boo より:

    心配しておりました。。
    デンゲ=10万円。。肝に命じて。。
    セブ入りせねば。。。

  3. なんばしょっと? より:

    本当の菩薩に召せられなくて、何よりでした。私も又来月行くので、防虫剤を忘れずに持って行きます(*_*)ちなみに、旅行保険は病院で使えるのでしょうか?何時も強制的に取られてます。

  4. Hamrey より:

    もとぼさつさん、こんばんは。

     元気になられてなによりです。
    しかし、4回目って・・・2年に一回???

     昔入院した時に点滴針を打ちに来たのはインターン・・・P看護師と同じ様に何度も失敗していたが、謝罪はしていた(日本ダカラ・・・) 今思えば、その時に名前を記録しておけば良かった。 あれから30数年・・・そのインターンも准教授や教授、はたまたどこかの病院長なんかになっているだろう!

  5. 傭兵カット より:

    教授、生還おめでとうございます。
     それにしても、なんちゅう食事。マニラ・セブ間フェリーのエコノミークラスのクズ飯クラス。絶対、厨房の責任者の懐に入っとう。

     

  6. H,O より:

    退院おめでとうございます。

  7. マヤ より:

    はじめまして(^^)
    いつもブログをのぞかせていただいています。しばらく更新されてなかったので、とても心配していました。来年3月よりセブ入りします。私はAB型なので輸血できます!って、そんなことが無いのが一番ですよね(笑)

  8. cebunori より:

    モトボサツさん、こんばんは。

    完治並びに退院おめでとうございます。
    私は病気ではありませんがぎっくり腰をやらかしてえらい目にあいました。
    シングルライフは何かとリスクが・・・。
    しかし家族を作ればそれはそれで別のリスクが(笑)
    どっちがましかなあ。

  9. 枯木 より:

    大変な目に遭いましたね。9日でP50,000も痛い。新しい病院なので、病室は奇麗だったと思いますが、ナースも経験が少なかったようですね。

  10. プケモン より:

    おお、まだ生き延びちょったね。予価予価!
    5マンペソね、スゴカね~、イギリスは外国人移民を含めて、医療費がタダだそうばい。
    すりあいのセブ在住の年寄り、脳梗塞で倒れてからたい、CTスキャン代が8000ペソ。
    今、兄弟で誰が払うか揉めとるが、もう検査とか受けんでよかろうもんね。
    どうせマラピットナママタイじゃけん、病院が儲かるだけじゃろたい。

    そういや、すりあいの貧乏人の子供が、デング熱に罹っとったが、どけんなったかな?
    ミンダナオに旅行した時、蚊取り線香をホテルの部屋で焚いたら、煙たかったばい、笑
    おかげさんで、ピリピンでは食中毒以外はやったこつはなかったたい。じゃろ!

  11. Iryou より:

    いつもブログ拝見させて頂いています。
    無事のご快復何よりです。
    私も医療機関で働いている医師として心配をしておりました。
    所で、このメッセージ欄に書くのが良いのかわかりませんが、他にメルアドが見当たらず、また病気回復されて間もない方に突然なんですが、個人的にフィリピンにご縁もあってまた、休みで1人で1-2ヶ月に一度フィリピンを訪ねています。(マニラが殆ど)
    実は来月の10月9-11日に以前から行きたかったセブ行こうと思っています。
    つきましては元菩薩さんにセブのガイドをお願いしたいのですが可能でしょうか?

  12. volcano より:

    まだ、ご存命ですたか、御同慶の至りです。
    実は、頭の激痛….くも膜下出血の可能性も気にしてました。あらゆる痛みの中でMaxとか。塩分、脂肪分過多のフィリピン飯ですから。最悪の結果でなくて良かった。
    大砲ラーメンさんも言うてますたが、移民にも医療費タダ、家賃補助のエゲレスは、ええですの〜。

  13. volcano より:

    そう言えば、アタシも去年スズメバチに5発刺されますた。怒りで素手で立ち向かったのが、悪かった。おそらく今度刺されたら終えるばい。
    免疫ができて良好になるどころか、免疫反応が体内で過激に暴れ回るみたいで….昆虫系は、アカンですねえ。

    • motobosa2 より:

      volcanoさん

      それは大変でしたね。次回さされないように気をつけてください。
      セブってそういえば蜂が居ない気がします

  14. みこちん より:

    退院おめでとうございます。

    ホント、よくご無事で帰還、良かったです。
    セブでは蚊取り線香が必須ですなぁ。。。

    貴重なご体験、ぜしブログで毒はいて下さい。

    • motobosa2 より:

      みこちんさん

      大変でしたよ。
      胃潰瘍とかポリープとか体に疾患とかあるとやばいです。

  15. フィーバー より:

    ローカル人の場合、パブリックでデンゲ熱の治療をした場合、合計7000ペソの高額の場合は保険が無くても州にもよるが援助が有って半額、つまり3500ペソで済みます。
    まあ入院環境はかなり酷いらしいですが、、、

    • motobosa2 より:

      パブリックの病院 結構死亡率が高いとか。。。
      あとベッドに2人寝かせられるところもあるらしいですね。
      ううう

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【窮地】クジョー5匹 もう逃げられない 奴等がそこにいる!!

犬のホラー映画といえばクジョー。 大昔、この映画を観てイヌが大変嫌いになった。 もう逃げられない 奴がそこにいる!! クジョーという説とクージョという説。。。 一体どっちが正しいのだろうか? CUJO …

【生き方】常にアウトサイダーでありたい byモトボサツ

フィリピンに来たばかりの頃、アホな質問をよくされたものだ。 「忍者の友達はいるか?」 「やくざの友達はいるか」 しかし、これが正に海外から見た日本のイメージなのだ。 特にフィリピン人は自分の島から出た …

最後の欲望

  1993年私は目黒に本社のある某ゼネコンへ就職した。 バブル崩壊直後だったが公共事業に関しては全くと言ってよいほど陰りは見えず、営業経費という名目のオカニで無尽蔵な飲み会が行われていた時 …

【カルチャーショック】笑う証明写真 店の人が「ハイスマーイル」って言うとです

アヤラ新館の写真店。 赤い服を着たオパオ頭(hage)の男性は、フィリピーノにしては珍しく良く働くタイプだ。 ハゲ頭を見るたびに私は兄貴(心の中で)と呼ぶ。 将来の自分を見るような気がするからだ。 4 …

ケチな大家シリーズ フィリピンでモチベーションが存在しない理由

半年程前からうちの目の前の家が増築工事をしている。 こういった現場のワーカーは竣工するまで殆ど家に帰らずその辺に寝泊まりするので一気にワイルド感が高まるのが相場だ。 先日うちのジェンが現場ワーカーと仲 …

スポンサード リンク

モトボサツ 勝手にブログセブ島編 VOL1

モトボサツ協賛サイト 英語ビギナー必見!

  • モトボサツ投稿記事抽出

現地医療保険 見積もり無料

  • 現地医療保険 ツーリストでも入れる!

PR スポンサー ドリンク

メイドをお探しの方

  • セブでメイド♡紹介記事

フィリピンってどんな国?

  • 【総まとめ】フィリピンってどんな国?10年の軌跡

セブ赤裸々ブログ

  • 相互リンク
error: Content is protected !!