モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2

私の奇妙な生活が何かのヒントになる事を願っています フフフ

未分類

【サバイバル】ウイルス感染と細菌感染の判別方法

投稿日:

2日ほど前から咳が出始め、ついに夜から熱が出始めた。

もし熱だけならデング熱の恐怖にさらされることになるのだが、風邪の症状を伴っていたので一安心だ。

体温計を脇へ差し込み、結果を知らせる音がピピピとなる。

変な話、体温が何度なのか少しワクワクしてしまうのは私だけだろうか?

38℃。

悪寒がして少し体が震える。

セブで寒さに震えるなんて貴重な瞬間だろう。

しばらくすると体感温度は益々上昇し、もう一度計ると38.6℃。

そうなると悪寒を感じる事はなくなった。

きっと38℃が悪寒のボーダーラインなのだろう。

翌日、クリニックで血液検査をしてみると、Monocytesが基準値を超えH。

やはりウイルス感染だ。
pic1ウイルスかどうかを判別する目安として、血液検査の項目にかならずMonocytesというものがあり、基準を超えた時だけHと出る。

フィリピンのドクターと日本のドクターの違いは、患者への説明の有無。

日本だと、検査結果をドクターが解説。

そして、それに基づいた治療方法と治癒までの期間をセットでわかりやすく説明してくれる。

一方、フィリピンのドクターは基本的に説明がほぼ無いまま、適当に処方箋を書くだけ。

患者はドクター様のくださる処方箋に従い、ローズファーマシーという薬局で買って終わり。

そこに質問や疑問、リクエストは存在しない。

その受け身なマインドはサントニーニョ教会の神のお恵みと同じ感覚な気がする。

日本の某ドクターいわく、フィリピンは患者のレベルが低いので、ドクターのレベルもそれなりになっている。

医療のみならず飲食店やホテルも同じだろう。

消費者である国民のサービス向上へのニーズが無い限り、この国に努力発展の機会は無い。

今回はドクターに会う前に、自ら血液検査をして、結果をもってドクターを尋ねた。

処方箋が無いと買えない薬もあるのだ。

結果的にウイルス性の風邪であった。

ところで、風邪とはザックリとした抽象的名称であり、ウイルス性と細菌性に分かれる。

私の経験上、フィリピンの場合、ほぼほぼウイルス性の風邪が多い気がする。

風邪をひくと抗生物質を飲めば治ると思っているフィリピン人は多いが、抗生物質はウイルスには効かない。

細菌は微生物だが、ウイルスは殺人プログラムといったイメージ。

ウイルスの場合、体内の細胞で自分のコピーを増殖させ、オーバーフローするとほかの細胞にも同じ事をするのが特徴だ。

そして、死に向かうように正常な細胞を悪用する恐ろしい存在。

ちなみに、血液検査の一番上にくるWBCという項目は白血球。pic2

この数値が基準値を超えると細菌感染。

フィリピンでサバイバルするには、ドクター任せは危ない。

だから、少なくとも体調が悪くなった時、それがウイルス感染なのか細菌感染なのかを自分で峻別をできるようになっておく事が肝要であると痛感してやまない。

ちなみに、血液検査した場所はLHプライム 120ペソ。
▶詳細はこちらからご覧ください

 

 もし良かったらランキング応援クリックぜひ強めにお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

SPONSORED LINK






 

-未分類

執筆者:


  1. Seiji より:

    フィリピンで風邪をひくと強烈ですね。
    ウィルスが原因だからでしょうね。
    日本ではめったにないですが、2,3日動けないことがあります。

  2. volcano より:

    日本だと炎症反応をみるCRP(C-リアクティブ・プロテイン)でせうか。
    抗生物質がウィルスに効かないとはよく聞きますが、抗生物質を飲まないと風邪が治らないのも事実。
    ウィルスが、ゴミなのか生き物なのかという議論がありますた。ゴミなら抗生物質は効かないが、生物・細菌なら効く。細胞膜はなくDNAにタンパク質が巻きついてるだけの存在のようです。ゴミなら治す薬はありませんよね。
    フィリピンでどんな薬が処方されるのか興味ありんす。中華は葛根湯でも飲んでるんですかね。

  3. プケモン より:

    ピリピン・ベテランの教授も、よう病気しとるね~
    ウチもよう風邪引きさんとか居るばってんが、近くの病院ですぐに治ると。
    ぎょうらしかピリピンの家族は、誰かが病気でもしでかしたら大事じゃっとん。
    脳梗塞で倒れた年寄りの介護も、誰が面倒見るかで大揉めしとるが、よかよか。

    • motobosa2 より:

      プケモンさん

      日本ではほとんど風邪ひくことなかったばってん、セブに来たとたん毎月のように体調が悪かとです。

  4. 魔神BOO より:

    検査意外に安い?

  5. 枯木 より:

    日本では激しい吐き気と下痢を伴う風邪をひいて、車で家に帰るのに苦しんだ事がありました。南国セブでは2ヶ月に一回位の割合で風邪をひきますが、鼻水で苦しむ時意外は、薬を飲まなくても回復する軽度のものです。寒さで、風邪をひくものとばかり思い込んでいました。

    • motobosa2 より:

      枯木さん

      セブは人口密度が高いので、風邪がはやると一気にやられますね。

  6. レチョン  より:

    去年の3月アンヘレスにてインフルエンザになりました。
    一週間地獄でした。
    過度なトレーニングは免疫力が落ちるらしいですね。
    バーファインの回数減らしました

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ハイテンション!イロンガ娘3人衆、バコロドへ里帰り

今日はきっと今年最高にうちのメンバーのテンションが高い日だ。 そのわけは、本日全員でバコロド市へ里帰り。 私だけセブに残ってフフフフ♪というのは許されないらしい。 いつものように荷物持ち歩兵隊としてバ …

海外旅行傷害保険 VS フィリピン医療保険  パシフィック クロス編

  今回はフィリピンの医療保険説明ビデオを作製したのでその話をしてみたいと思う。 結論から言うと日本の損保会社で買う海外旅行傷害保険の方が比べ物にならない位手厚い。 だからもしどっちがいいか …

セブの車窓から 貧乏人ほど施す人間模様

セブ市の信号付近では乳飲み子を抱えたボロボロの女性が信号待ちの車に物乞いする姿が見られる。 困った顔をして子供を見せながら信号待ちの車へ向かう。 当然高級車を中心に手を伸ばすのだが、あれは戦略を変えた …

ショートカットお断り、文明開化の音がする

マンダウエ市からアヤラへ向かう途中の風景。 この付近は平日の朝から晩まで慢性的に渋滞する地帯だ。 ここからちょうど30m先を右折するとITパークへ抜ける裏道となっている。 しかし先の交差点から伸びる渋 …

KTVのネーチャン向けモンキーマジック

フィリピン人を喜ばせるには単純な物がよい。 食べ物はパエリアより白飯が好き。 笑いのツボはドリフのようにヤカンが頭の上に降ってきたり変な顔して見せたりすると大喜びする。 私がKTVや大学の授業で話すネ …

スポンサード リンク

モトボサツ 勝手にブログセブ島編 VOL1

モトボサツ協賛サイト 英語ビギナー必見!

  • モトボサツ投稿記事抽出

現地医療保険 見積もり無料

  • 現地医療保険 ツーリストでも入れる!

PR スポンサー ドリンク