フィリピン旅行

【セブ島激写シリーズ】ウミガメと100%遭遇できるモアルボアルってどんなところ?

投稿日:2019年1月4日 更新日:

一般的に日本人がセブ島へパッケージツアーで滞在するのはマクタン島。

マクタンセブ国際空港と同じ島に多くのリゾートホテルが立ち並び、殆どのツーリストは宿泊も食事も遊びもすべてマクタン島のみで完結するのが一般的だ。

滞在しているホテルのすぐ前が海というパターンが殆どなので手間をかけずにアクティビティを楽しめる。

イノセント
だったらマクタン島でいいじゃん
モトボサツ
フフフ、もっといい場所に行きたくない?

実際多くのダイバーやツーリストがわざわざ陸路を数時間かけて移動し、遠方の海を目指すのには理由がある。

ウミガメの聖地モアルボアル

セブ市から3時間半かけて到着するモアルボアルという所はウミガメと泳げる場所としても有名だ。

マクタン島のシュノーケリングでウミガメと遭遇するチャンスは殆どない。

岸から50m程度のところにウミガメの棲家がある。

若干緑がかった色をした岩場やサンゴの間に潜んでいるのだ。

ウミガメと保護色になっているためじっとしていると分かりづらい。

8mほど下の岩場の影でうごめく生物を発見!

中型のウミガメだ。

下の写真は望遠にして撮影したのだが、どこのいるのか分からない。(写真真ん中やや右下)

ウミガメに悟られないようにゆっくり潜って背後から撮影した。

こちらの気配に気付いたのか突然移動しはじめた。

浮上開始。

水面から顔を出し何度か呼吸をし、また元の場所へと戻って行った。

モトボサツ超おすすめ kasai Village Dive Resortの空室&料金

セブ島メモリアルフォトツアー

 

もしよかったらブログランキング応援ぜひ一回だけグリグリっとお願いします!!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-フィリピン旅行
-, , , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.