カルチャーショック セブの交通事情

【大炎上中】バイクのフロントにもナンバー義務化!?不思議な国の摩訶不思議な法律・2年間ナンバープレートが発行されない現実

投稿日:2019年4月16日 更新日:

右が私のサイクロン号で左は同モデルのBeat

ナンバープレートが2年間発行されない世界

私がサイクロン号(HONDA Beat)を買ったのが2017年5月なのでもう丸2年が経つ。

しかし、一向にナンバープレートが発行されない。

買ったバイク店やLTOに聞いてもアホみたいに「Not Yet」という返答が機械的に返ってくるだけ。

だからバイク屋から渡された手書き用のナンバープレートに油性ペンでなぞって2年間その状態で走っているのだ。

 

イノセント
手書きっていうかナンバーそのものが付いてない車やバイクが沢山走ってるわ
モトボサツ
法律やルールにとことん意味のない国とです

Doble Plaka Law(二枚プレートカード法)

そんな状況の中、バイクにも車と同じように前後にそれぞれナンバープレートを装着するという法案が出て物議を出している。

リアのナンバープレートが2年も経ってこないのに、フロントのナンバープレートの心配をしなければならないとは甚だ意味不明!

バイク乗りE氏より送られてきた写真

このセンスのないプレートはまるで田舎のレンタルバイク店みたいだ。

Thousands of motorcycle riders have protested against the law, saying bigger front plates interfere with the aerodynamics of a motorcycle and may get detached at high speeds or by strong wind.

何千人ものオートバイライダーが法律に抗議しています、空気力学的に見ればフロントプレートにより大きい抵抗が生じ、そして高速でまたは強い風によって外れるかもしれないと言いました。

この法案に反対しているフィリピンライダーの理屈だが、算数苦手なフィリピン人が空気力学とか言いだすと途端にキナ臭くなるので、そんな見え透いた言い訳は逆効果だ。

カッコ悪いから嫌だとはっきり言えば良い。

流石にこの常軌を逸した法案は現実的に不可能だろう。

なぜなら本物のプレートが届くまで最低5年はかかる。

思い付きだけで動くフィリピン

フィリピンという国は思い付きだけで突っ走る中小企業の社長のように突拍子もないズレたルールを量産するの大好きな国だ。

だから真面目な人ほど頭がおかしくなる。

ビジネスを始めるにあたってビジネスパーミットが完璧に揃うのにセブだと3か月はかかる(DTI登録の場合)。

手書きのマニュアル式オフィシャルレシートが発行してくれていないのに、課税だけはせかしてくる。

総合的に崩壊しているのがフィリピンの現状だ。

だから正論は端から正論は通じないと思って向き合ったほうが良い。

早く俺のリヤのナンバープレート来ないかな~

 

もしよかったら閉じる前にランキング応援クリック1回だけよろしくお願います!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

モトボサツ絶対おすすめダイビングショップ

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-カルチャーショック, セブの交通事情
-, , , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.