ピグサ(激痛を伴う皮膚病)

【魔法の葉】抗生物質が効かない細菌性皮膚病「ピグサ」|オレガノ(薬草)は最終兵器となるか?

投稿日:2019年7月3日 更新日:

mde

抗生物質が効かない恐怖のピグサ

先週またあの地獄の痛みを伴う「ピグサ」が出来てしまった。

今度は右腕と首の左側だ。

「ピグサ」とはフィリピン語の皮膚疾患名なのだが、英語だとBoilsと呼ばれている。

激痛を伴う腫物で「Staphylococcus(staphbacteria メチシリン耐性黄色(おうしょく)ブドウ球菌」という細菌皮膚感染症。

皮膚科に行くとお決まりのように抗生剤を処方されるが、今までの経験から言うとあまり効かない。

薬を飲んでも飲まなくても10~14日間激痛を伴う腫れが続き、最後は膿混じりの血がドクドクと出てくるのだ。

閲覧注意:熱したボトルでピグサで腫れあがった患部の膿を吸引!

ピグサを滅菌するオレガノ

セブ在住の知人より「オレガノ」という薬草の入ったアロマオイルを「ピグサ」箇所に塗布すると劇的に効くという情報が入った。

まずオレガノについて調べてみると下記のような情報が出てきた。

・オレガノは、感染症の治療から虫除けに至るまで、料理や薬の目的で使用される地中海のハーブです。
・オレガノの有効成分はいつの日か骨粗鬆症、癌、そして糖尿病の治療に役に立ちます。
・ソースに風味を付けたり、ハーブロールパンを作ったり、肉のマリネにしたりするのに使います。
・ミントアレルギーのある人は、オレガノを摂取するときには注意が必要です。

インドとイギリス(UK)のチームは、オレガノエッセンシャルオイルは、強力な抗菌作用を持ち、MRSAという院内感染からも保護すするであろうと発表した。

「我々はいくつかの予備テストを行ったところ、オレガノからのエッセンシャルオイルがわずか1/1,000の希釈でMRSAを殺すことを発見した。

イングランド西部大学Vyv Salisbury教授
このプロジェクトは2008年に国連から賞を受賞。

早速手に入れようとセブ市内のドラッグストアやアロマオイルショップで探してみたが見つからなかった。

ああ、フィリピンあるある!?

そんな時は困った時の「Lazada」だ。

キーワード検索するとオレガノオイルが沢山出てきたので「100%PURE」と書かれた商品をオーダーした。

こまった時のLAZADA

そして、それからニキビやプチピグサが出来るたびにこのオレガノオイルを塗布してみたが、幹部へ塗布するとそれから10分程度燃えるような痛みが発生する。

今のところこのアロマオイルですべて撃退できたのだが、まるでガソリンのような独特の匂いがするので家族から露骨に嫌がれるのが難点だ。

オレガノを栽培

オレガノオイルがどうやらピグサに有効という実験結果を経て、生のオレガノの葉で挑戦してみたくなった。

会員制スーパーの「Landers」の観葉植物コーナーにグリークオレガノというものがあったので早速購入。

鉢に移して家で栽培することにした。

しかし、外に置いておいたのがまずかったのか3週間ほどで枯れてしまった。

やはり気候が合わない外来のものはダメなようだ。

次はSMシティの屋外駐車場付近にある観葉植物ショップへ行ってみるとフィリピン産オレガノが一鉢100ペソで販売されていた。

それを手に入れ家で栽培することにした。

栽培中のオレガノの葉

繁殖力が強く、勝手にグングン育つ

フィリピンのオレガノの葉

【PR】成田ーセブ 往復27000円~ 各社情報あり

 

またピグサが出来た

そして、先週末、ついに右腕と首の左側にピグサが同時発症。

来た来た。

あの独特の痛みを確実に感じる。

首の左側と右腕に同時発症

フフフ、本物の葉をすり潰して患部へ塗布する時が遂にやって来た

まな板の腕で葉を潰す

まるでホウレンソウのおひたしみたいだ

バンドエイドでカバーして終了

 【PR】フィリピンの滞在ホテルを探す

2日後

腫れあがることなくほぼ終焉

生のオレガノ葉はやはりピグサに効くようだ。

まとめ

フィリピンのドクターは風邪をひいてもするに抗生物質を処方するが、できれば抗生剤は抵抗力を破壊するので極力服用したくない。

そして、ピグサには抗生剤は効かなかったので、オレガノのアロマオイルまたは生の葉をすり潰して塗布することで対応する方法をお勧めする。

関連記事

2,024view
【恐怖のピグサ】謎の「細菌性皮膚病」がセブを襲う~激痛を伴い真っ赤に腫れあがる!

謎の腫物がセブを襲う フェイスブックを通じて色々と知り合いの近況が分かるのだが、現在セブ在住者の間では謎の皮膚細菌感染症 ...

続きを見る

1,712view
【フィリピン医療あるある】ピグサの呪い~ドクターが処方箋を書き間違える件~薬局が売ってくれない処方箋

フィリピン版「ものもらい」はビサヤ語で「BENGET」(ベンゲ) 私は今人生最大級の「ものものらい」に苦しんでいる。 「 ...

続きを見る

1,862view
【ピグサの呪い】ドラッグストアで「眼帯下さい」と言って持ってきた物が秀逸すぎる!?

先週の日曜日からスタートした左瞼の「ものもらい」がかつてないほど悪化し、左側の奥歯や頭痛まで誘発した。 ようやく終焉が見 ...

続きを見る

もしよかったら閉じる前にランキング応援クリック1回だけよろしくお願います!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

広告主募集中

モトボサツ
会社やお店のバナー貼りませんか?

広告のお問い合わせはこちらからどうぞ!

オレガノ オイル

       
       
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-ピグサ(激痛を伴う皮膚病)
-, , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.