カルチャーショック

【性差別】ゴリラーマン姉CRで吠えるの巻

投稿日:2019年8月15日 更新日:

フィリピンあるあるオカマの居場所

フィリピンは言わずとしれたオカマ天国。

しかもタイのオカマと違いゴリラ揃いだ。

先日、朝からGMAニュースをボーっと眺めていたら、男子トイレを使えと言われ腹を立てたゴリラーマン姉が吠えていた。

【PR】成田ーセブ 往復27000円~ 各社情報あり

 【PR】フィリピンの滞在ホテルを探す

フィリピンの男子トイレに入ると髪の長い女性がいるので思わず間違って女子トイレに入ってしまったとドッキリするのだが、実はオカマだったというオチがある。

ノーマルな男性にとっては迷惑な話だ。

個人的にはオカマは女子トイレを使ってもらった方が良いのだが、先日事件が起きた。

ケソンのショッピングモールの女性トイレを使おうとしたオカマが強制的に男子トイレを使うように指示され吠えている。

ショッピングモールのポリシーとやらでオカマは男子トイレを使うべきなのだ。

女性はもしオカマが女子トイレにいたらどう感じるのだろうか?

本当は列記とした男なのでトイレの中にオカマがいたらきっと怖いだろう。

このオカマはとれも往生際が悪く結局手錠をかけられ警察署へ連行された。

タイでは女装しているオカマは堂々と女性トイレに入ることが出来るらしい。

大人の考えというか、やはりタイの方が国として成熟しているのだろう。

フィリピンは融通が利かない石頭が多いので無理だろうな。

 

もしよかったらランキング応援クリック1回ハゲしくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

広告主募集中

モトボサツ
会社やお店のバナー貼りませんか?

広告のお問い合わせはこちらからどうぞ!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-カルチャーショック
-,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.