コロナ関連

【2人目】セブでコロナ感染した日本人(55歳男性)|タリサイ市在住

投稿日:2020年6月29日 更新日:

もしよかったらここで1回応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

セブでコロナ感染した日本人シリーズ

昨日に引き続き『セブでコロナ感染した日本人』シリーズとなるが、無駄にコロナ情報が溢れる中、コロナになった日本人の具体的な話はなかなか世間に出て来ない。

特に海外で不安を抱えながら生活をしている人にとってはかなりの関心事なのだと考える。

2,911view
セブでコロナ感染した日本人(50歳男性)の方からの状況報告

もしよかったら1回ここで応援クリックお願いします!! にほんブログ村   ブログのコメントより コロナ感染都市 ...

続きを見る

1,802view
セブでコロナ感染した日本人(50歳男性)の続報|味覚障害からの回復を待つ

もしよかったらここで応援クリック1回お願いします! にほんブログ村   コロナってどうなるの? 前回の記事で『 ...

続きを見る

 

タリサイ市在住55歳男性のケース

ブログ記事のコメント欄に別の日本人(タリサイ市在住55歳男性)の方からメッセージを頂いたのでこちらも下記へご紹介させて頂きたい。

私もコロナ陽性確定されました。セブ タリサイ市在住55歳男性です。

嫁の母が肺炎で6月13日に亡くなりました。

亡くなる直前に行ったTALISAY DISTRICT HOSPITAL(パブリック病院)で看病をしていた嫁に感染したようです。

病院内はコロナの巣窟となっていたそうで、重傷者、危篤患者、ご遺体で溢れ野戦病院のようだと聞いております。

その後 嫁は咳がとまらなくなり、38度台の発熱になりました。(陽性)

私は特に症状も出ることなく今日に至っておりますが。今週の月曜日に同居家族全員 タリサイ市内の公立学校のグランドに召集され青空テスティングセンターで抗体検査を受けました

約30名ほどが集まっておりました。血液検査による抗体の検査で結果は昨日金曜日に市から連絡がありました。

我家族9名中4人が陰性、5人が陽性プチパンデミック発生!!! 嫁以外の陽性反応した義理兄、義理甥、そして私には特に症状は表れておりません。

今後の経過観察をしていきたいと思います。

血液検査による抗体反応の陽性って事は以前感染した経歴があり、現在は収まっているの考えていいのかな?

来週の月曜日に再度召集されPCR検査を受けるようです。

 

嫁の母が肺炎で6月13日に亡くなりました。

ご冥福をお祈りします。

家族の中で60歳以上の方だけが亡くなるというケースを見聞きしているので高齢者は絶対に感染してはならないと痛感する。

 

>病院内はコロナの巣窟となっていたそうで、重傷者、危篤患者、ご遺体で溢れ野戦病院のようだ

セブ島で最高級の私立病院でさえ野戦病院を彷彿させる混沌とした様子で救急外来のエントランスの外にベッドが並べられていたりするようだ。

他の病院では当然それ以上の劣悪さを想像してしまう。

 

嫁に感染した 嫁は咳がとまらなくなり、38度台の発熱になりました。(陽性)

コロナ感染して症状が出ると「38度台の発熱と咳」があるようだ。

こういう症例を聞くと私の場合は「37度台の微熱+喉の違和感」なのでコロナ感染じゃないかもしれないと思える。

 

青空テスティングセンターで抗体検査を受けました血液検査による抗体反応の陽性って事は以前感染した経歴があり

セブでは途中からPCR検査ではなく抗体検査が導入されはじめたが、検査している医療機関側も意味が分かっていない気がする。

フィリピンあるある?

被検者に結果をきちんと説明しないと予防の意味が全然ない気がする。

以前この抗体検査が始まった際に記事を書いた際に抗体検査について調べたのだが、「いつ感染して抗体が出たのか」というヒストリーも分かる事になっているのだが、履歴面で陽性だけ示されても現在進行形なのか過去形なのかがはっきりせず結果だけ渡された側もかえって不安を抱えてしまうだろう。

1,240view
【セブ島コロナ情報】「Rapid mass testing(迅速抗体検査)」が始まった

いつもブログご覧頂きありがとうございます。もし良かったら1回応援クリックお願いします!! にほんブログ村 新方式のテスト ...

続きを見る

 

我家族9名中4人が陰性、5人が陽性プチパンデミック発生!!! 

日本で9名家族といえばサザエさん一家を裕に超える数だが、フィリピンだと一般的である。

しかし、9名中5名が陽性とは55.5%という高い感染率だが、一般に言われているコロナの感染力から鑑みると少ない気さえする。

フィリピンで行われる検査(検査官の信頼性)も全然あてにならないので、もし家族がひとりでも感染してしまったら全員が陽性と判断して行動した方が良さそうだ。

コメント欄に情報を頂いた方のお義母様は非常にお気の毒だが、家族全員がこのまま完全回復されることを心よりお祈りする。

情報提供大変ありがとうございました。

 

PCR検査とRMT(抗体検査)の違い

PCR検査は、現在ウイルスが体内に存在しているのか(感染しているのか)を調べることができる。これに対して抗体検査は、過去に感染したことがあるのかや、現在の感染の状態(感染初期なのか、感染してかた時間が経過しているのか)、ウイルスに抵抗する能力(抗体)をすでに獲得しているのか(人にうつしにくいのか)を調べることができる。

この記事がお役に立ったらランキング応援クリックぜひ1回グリっと押してください!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-コロナ関連

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.