フィリピン人嫁の実態

フィリピン嫁との理想の年齢差とは?|ティムと私の年齢差に驚く一般の日本人

投稿日:

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

O師匠
モトボサツという名の由来はこちらです

2013年~2016年 モトボサツ勝手にブログセブ島編 カテゴリー別

1,281view
【シーズン1】モトボサツ勝手にブログセブ島編|カテゴリー別記事

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします に ...

続きを見る

 

フィリピン嫁との理想の年齢差は30歳

ブログの読者さんの興味が私以上にティムへ集まる傾向にある。

 

「ティムさんとボサツさんって何歳離れてるんですか?」

 

これぞガチガチのテンプレート的質問だ。

 

 

モトボサツ
歳の差は16歳ですね。知り合った時は向こうは25歳でこっちは42歳ですよ

「え!?」

 

まるで変態ロリコンでも見るようなリアクションはお約束。

こちらとしては16歳しか離れていないという気持ちが強いのだが。。。

私の事はさて置き、フィリピン関係者は率直に言ってロリ系が多い。

 

 

イノセント
確かにフィリピンに来る日本人男性ってロリ系が多くて、欧米人男性はゲイが多いわね
モトボサツ
ロリって幼児愛だという固定概念があるけど、突き詰めたら年の差だと思うとです。つまり100歳のお爺さんにとって60歳のお婆さんはそりゃもうハンパなくピチピチで付き合おうもんなら俺は変態ロリって自覚するんじゃなかろうか?

 

ロリと言ってもそれは対象が15歳未満を指すというような絶対年齢ではなく、あくまでその人にとっての年齢差という基準が大きい。

子供の頃に見た30歳の女性は完璧にオバチャンだったが、50歳を超えた今見ると若い女性のカテゴリーにギリギリ入る。

 

ところで、うちは16歳差だが、私の周りの日本人男性はもっと激しい年齢差婚という事実がある。

 

Cさん

うちは19.6才位離れてます。
皆さんと同じように若い時は
犯罪だと皆に言われました。
知り合った時は彼女は16 歳でした。(初デートは22歳位の時よ。)

 

Mさん

こちらも ロリではないですが 23才下のP娘に 翻弄されてます
あっ 相手も40才なら 問題ないですかね

 

Fさん

当方は19歳のギャップでつwハタチ過ぎに妊娠し3人年子を授かりました(^^) 子供の手が離れ遅い青春を謳歌しています(^^)

 

Jさん

私達は、丁度12歳です
あまり歳が離れ過ぎると、パートナーを置いて天に召される可能性大ですので程々が良いかと私は思います

 

Aさん

うちは18歳下ですSmiling face with open mouth and cold sweat日本人にそれ言うと、えって顔されますでも、フィリピンの親族には普通に受け入れて頂きました

 

Yさん

うちも15歳差ですけど、日本では同僚に「犯罪」って言われましたよ

 

Iさん

うちは、31歳差ですばい・・・得した気が

 

校長さん

うちは12歳差ですが、フィリピン人の親族には「年が近いね」と言われます。感覚が違うんでしょうね

 

私の場合は偶発的にティムと出会って押しかけ女房来襲で事実婚がスタートしたので今更巻き返しは出来ないが、理想を言えば50歳の時に厳選20歳と結婚し、もし別れずに60歳まで引っ張ることが出来れば夫が60歳で妻が30歳という理想のカップルとなる計算だ。

日本だと50歳が20歳と結ばれるなんて不可能だが、フィリピンだとまだ出来る!

 

モトボサツ
10年後はわからんけどね

 

特に男性が外国人だとフィリピン嫁と10歳以上離れているケースが鉄板。

ぜひここはデータ入力ミスがお得意なPSA(フィリピン統計局)からの正式な情報が欲しいところである。

年の差婚の現実問題として実際は歳の差どころか向こうが謎の姉さん女房ぶりを発揮しているのが現状。

これはうちに限ったことではなく、おそらく殆どの日比カップルが同様の状況であると思われる。

だからマザコン気質の人が下手にフィリピンへ行ってしまうと即沈没してしまう恐れがあるのでご注意を!

フィリピンという国は完全なる女傑国家であり、これまで女性大統領が2名生まれている。

次の大統領選で3人目の女性大統領が誕生するとかしないとか?

女性管理職の数でも世界トップクラスで、現地の銀行へ行くと管理職の席には女性が座っており、男は入口でショットガンを持ってガードマンというのがフィリピンの風景。

ただし、若いフィリピン嫁には毒があるという言葉通り、単なる金づるとして有り金すべてを吸い上げられ終いには現地日本大使館の前に捨てられるケースが後を絶たない。

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」 (集英社文庫)

結論から言うとフィリピンで良妻賢母を見つける術などない。

全ては運次第。

ただ英語ではなく現地語(セブ島はビサヤ語)が話せた方が悪妻除けになる気がしている。

モトボサツのビサヤ語記事を参考にして頂けたら幸いです。

 

もしこの記事にご賛同頂けたらランキング応援クリックを1度強めにお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-フィリピン人嫁の実態

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.