コロナ帰国後の生活

世界一治安が良い日本の裏事情|エレベーターで親切に声をかけたら不審者確定

投稿日:

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

O師匠
モトボサツという名の由来はこちらです

2013年~2016年 モトボサツ勝手にブログセブ島編 カテゴリー別

1,487view
【シーズン1】モトボサツ勝手にブログセブ島編|カテゴリー別記事

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします に ...

続きを見る

 

世界一治安の良い国の虚像

今回のコロナ騒動で私の様に海外生活に見切りをつけ日本へ帰国したケースは少なくないと思われる。

私の場合、フィリピンに深く係わり過ぎたのか、あの国が自分にとって外国であるという自覚はとっくに抜け、フィリピン人と自分の立場の違いもすっかり忘れてしまっていた。

時々痛烈なカルチャーショックを受けた時だけ、一瞬ふと我に返る感じだった。

恐らく現地在住の日本人でフィリピン人と結婚し更に子供もいるという人はきっと同じような感覚で生活してるのではないだろうか?

つまり、私の生活水準や価値観が極めて平均的フィリピン人に近くなっていたという事である。

今年2月に単身帰国。

家族を日本へ受け入れる準備が私の第一使命。

空港近くのローソンが既にミラクルワンダーランド。

いちいち見慣れぬ商品を手にしては「何コレ、すげ~!」と感動の独り言をブツブツと発する不審客だった。

その状態から14日の自主隔離を経てようやく住民票が手に入ったのが3週間後。

エアビ―経由で宿泊したステイエアポートの大家さんが住民票の登録を許してくれ助かった。

そしてすぐに日本の自動車免許を復活させ、4月の上旬にサイクロン2号をゲット。

久しぶりの日本の道路を走るのは恐ろしかった。

フィリピンとは交通の流れが真逆なので中央分離帯のない路地では右側を走ろうとする。

少しずつ日本の生活に慣れ始めた頃だが、まだまだ一般の日本人と自分は完全に違う人種なのだという意識が濃く残っている。

今のタイミングは丁度フィリピンと日本の中間地点にいる感じだ。

つまり、両方の国の事を多少の距離感を持って客観的に観察できる貴重な時期なのだ。

 

日本人への幻想が崩れる

世界的に日本人は親切だと言われてるし、私もそう思う。

ただし、訪日外国人への対応と業務時間内だけ。

先日、居候中のマンションから外出するためエレベーターに乗った。

途中で止まったのでてっきりロビーへ到着したのだと思込み一歩外で出た。

すると佐川急便のドライバーが立っており「ここはまだ3階ですよ」と声をかけてくれたのでまた箱の中へ戻った。

 

イノセント
日本人って親切よね
モトボサツ
チップくれないと動かないフィリピン人とは大違いやね

 

3階で乗って来た佐川急便のドライバーは軽く会釈をして、小走りに走り去って行った。

なんて親切で爽やかなんだ日本人!

感動が冷めないうちにと備忘録的にツイッター投稿しておいた。

 

 

その途端、日本在住の方から速攻で現実的なコメントを頂いた。

 

エッジさん
おはようございます それは、珍しいことかもしれませんね。日本に結構な期間住んでいますけどあまりそういうシーンに出くわさないかも

M dayoさん
昭和生まれのこちらとしては 日本人のそんな良い所が 最近では 減ってきたように感じます!かわいいちゃんには 日本人の気質を 伝えて行ってほしいです

エッジさん
エレベーターで先に乗って、行きたい階数のボタンを押して駆け込んできた人に「何階ですか?」と聞くと驚いた顔で無言でボタンを押されたことありますよ

 

私が知っている時代の日本ではエレベーターのボタン付近にいる人が「何階ですか?」と尋ねて代わりに押すのが一種のマナーだった気がするが、今では良かれと思って声をかけると逆に不審者扱いされる時代らしい。

 

オレオレ詐欺に代表されるなりすまし犯罪。

自分の戸籍謄本ですら、パスポートしか持っていないと郵送してくれないガチガチのセキュリティ。

そしてアプリ時代の本人確認では日本の電話番号を持っていない人お断り。

極めつけはエレベーターで親切に声をかけると不審者となる。

 

本当にこの国は世界で最も治安が良い国なのだろうか?

 

エレベーターで降りる階を聞くと不審者扱いされる理由

created by Rinker
ノーブランド品
¥6,980 (2021/09/28 12:29:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

イノセント
テレビでエレベーターでの犯罪防止方法をやってて、怪しい人の見分け方を説明してたわ!
モトボサツ
え、どんな内容だったとね?
イノセント
犯人はまずボタンの前にわざと立って、ターゲットの女性を顔をしっかり確認しつつ「何階ですか?」って聞くんだって。
モトボサツ
例え親切心でも他人への声かけ自体がもう無理やね、、、あと目合わせたらアウト

 

なんと寂しい社会なのか?

人間関係の破綻がきっかけで消滅する未来が見える。

どうやら、エレベーターで遭遇した親切なドライバーはかなりレアなヒットだったらしい。

少し穿った見方だが、そんな親切な人でも一旦業務を離れた途端に冷たくなってしまう可能性も感じてしまう悲しい傾向。

フィリピンから戻って来たばかりの頃はパーフェクトに素晴らしい国に感じた日本。

少しずつ日本の闇が明らかになって行く。

しかし、「自分がそこに染まる必要はない」と逆境大好きボサツはつぶやく。

 

追伸 フィリピンのエレベーターの恐怖

12年前、セブ島のダウンタウンの古いビルのエレベーターでパニック映画さながらの状況を体験。。。

よく生きていたと自分の強運に感謝!

 

 

もしこの記事に何かを感じたらランキング応援クリックを強めにお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

created by Rinker
ノーブランド品
¥6,980 (2021/09/28 12:29:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-コロナ帰国後の生活

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.