コロナ帰国後の生活

フィリピン上がりの男が語る「贅沢過ぎる」日本のインターネット環境

投稿日:

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

O師匠
モトボサツという名の由来はこちらです

2013年~2016年 モトボサツ勝手にブログセブ島編 カテゴリー別

1,487view
【シーズン1】モトボサツ勝手にブログセブ島編|カテゴリー別記事

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします に ...

続きを見る

 

【日本vsフィリピン】インターネット事情

今更話題にするのもおこがましいのだが、国を問わず現代社会はすっかりインターネットの支配下。

最近ではそれがスマホでネット接続しアプリをダウンロードして登録せよという暗黙のコンビネーション縛りが標準化されており、役所の手続きや銀行取引もQRコードからアプリのインストールという流れが必須。

フィリピンから持ち込んだいわく付きの高性能スマホ「Huawei(ファーウェイ)Nova7se」はアメリカから敵視されグーグルプレイ経由のアプリインストールは全て不可。

つまり、日本では全く使い物にならんというのが実情だ。

 

1,886view
呪われたスマホ「ファーウェイ」|福岡空港の検疫の様子をレポート

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします に ...

続きを見る

 

私が2月に日本へ上陸した際は外国人観光客状態だった。

外国人向けのバカ高いシムカードを買うという選択肢もあったが、あえてそれを選ばず公共のWi-Fiゾーンを利用。

しかし、ネット接続は出来ても新規アプリが使えない。

つまり、日本電話番号が必要なのだ。

050発信のIP電話は使えないときている。

登録時に電話番号登録による本人確認が仕込まれており、4桁の番号がSMS(メッセージ)経由でやってくる。

オレオレ詐欺対策とやらで二段階承認の必要性が生まれたらしい。

 

日本のWi-Fiスポット

あくまで福岡市の例だが、屋外で利用可能なWi-Fiゾーン。

  • 福岡空港
  • 福岡市営地下鉄構内
  • セブンイレブン
  • スタバ(何かオーダーしなければならない)

 

日本在住者が屋外でネット接続する方法

そもそも日本で「Wi-Fiありますか?」と聞いている人を見たことがない。

博多中央郵便局横のスタバでWi-Fi利用が可能かどうか聞いた瞬間、妙な空気が流れたのを覚えてる。

つまり需要がないからWi-Fiゾーンが普及しないのだ。

では日本に住んでいる人々は一体どうやって屋外でネット接続しているのか?

  • ポケットWi-Fi
  • スマホのモバイル通信(テザリング)

1人暮らしの人ならポケットWi-Fiが断然便利。

工事が必要な光ケーブルの方が速度は出るが、ポケットWi-Fiでも十分な速さだ。

セブ島で下りスピード100メガ出たらちょっとしたニュースだが、日本のポケットWi-Fiは150メガ~800メガのスピードが普通に出るらしい。

しかも月額3000円前後と安い。

 

 

セブではGlobeというヤクザな会社に月額7000円相当支払い1メガ前後のスピードの提供を受けていたので日本の素晴らしさが止まらない。

独占禁止法のないフィリピンではたった2社が通信業界を牛耳っており、最低のサービスを提供しつつ愚かな庶民からグングン搾取しているのだが、そんな中、プロモと呼ばれるお得なプランを見つけ出しスマホにかかる経費を少しでも抑えるスタイルが定着。

ところで私が暮らしたセブ島は田舎なのでネットは亀さんスピード。

基本的に1メガ超えていれば可というレベルで10メガ超えたらお祭り気分。

ネット代を含む通信費は月額7000円という物価からすると超高額。

 

 

一般的な日本のネット環境の王道は家に光回線設置してあり、職場でも高速ネットが使える。

その上で隙間的にスマホシムで使えるデータ通信3ギガプランを入れて完成。

1人暮らしの人は家に光回線を引かずポケットWi-Fiで対応しスマホはデータ通信無しまたは最小プランにしているようだ。

しかし、フィリピンを生き抜いてきた私はそんな豪勢なフルコースに溺れたくない。

明日の記事では毎日のブログ記事更新およびYouTube動画のアップをこなすスマホアクセル全開な実情を一般公開させて頂きたい。

 

もし良かったらランキング応援クリック1回お願いします!!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 

【PR】あの永井店長も使っている!フィリピン人に負けない活力源

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-コロナ帰国後の生活

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.