コロナ帰国後の生活

ウイルス関連映画「復活の日」のオリビアハッセーとS子の記憶

投稿日:

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

O師匠
モトボサツという名の由来はこちらです

2013年~2016年 モトボサツ勝手にブログセブ島編 カテゴリー別

1,588view
【シーズン1】モトボサツ勝手にブログセブ島編|カテゴリー別記事

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします に ...

続きを見る

 

ウイルス関連映画「復活の日」を観よう

コロナで世界が一変した2020年。

フィリピンは完全にロックダウンされ、軍服を着たオフィサー達が市と市のバウンダリーにテントを張り厳しくチェック。

不要不急の外出は禁止され、外出用のパスが1家に1枚だけ渡された。

慢性的な渋滞にあれだけ悩まされ続けた日々がまるでウソのように片側2車線の通りには車も人の姿もない。

そういえば、昔似たような映画を観たことがある。

それが何の映画だったのか思い出せなかったが、日本帰国後、ついにその映画を発見した。

草刈正雄主演の「復活の日」だ。

22億円もかけて作ったバブル映画と呼ばれているが、ウイルスと核で人類が滅びるストーリー。

世界を救うためにミサイルを止めるためにワシントンへ向かう。

出来たばかりのワクチンが提供された。

 

イノセント
現在のコロナワクチン接種と似てるわね

 

アメリカの映画だとハッピーエンドで終わって草刈正雄はヒーローとなるのだが、小松左京ワールドは違う。

現実的に核ミサイルは発射され世界は滅びるのだ。

人体実験同様のワクチンを打った男(草刈正雄)は独り生き残り、物悲しいテーマソングと共にボロボロになりながら夕日をバックによろめき歩く。

アメリカ大陸を南下。

海岸で大きな魚を漁る姿が個人的には大好きだ。

映画のポスターにも使われている夕日をバックに杖をついて立つ男の姿。

ピンときた。

あ、ケンシロウ!

北斗の拳1巻の冒頭でケンシロウがよろめきながら現れるシーンは絶対「復活の日」からのインスパイアだろう。

核戦争後の荒廃した地球では、富と暴力がし配するサバイバル放置国家が乱立。

 

DU30
まるでどっかの国みたいだな

 

ウイルスの届かない南極大陸。

子孫を残すために取られた一妻多夫性という世界異常な終世状況が妙に興奮してしまう。。。

 

オリビアハッセーとS子

「復活の日」に出ている女優のオリビアハッセーは布施明の元嫁としても有名だが、黒髪の典型的ラテン美女。

フィリピンにも普通にいそうな顔立ちであるが、それもそのはず、彼女の父親はアルゼンチン人で、フィリピンと同じスペイン領という共通点があるのだ。

私は復活の日という映画の中で最も衝撃を受けたのはウイルスで世界が滅びるという部分ではなく、このオリビアハッセーの目つきだった。

S子・・・

私がマニラのトンドに滞在していた頃、ビサヤ語を話すオッサンがいた。

朝5時からスラムを掃除をしつつ、セブのジャングル生活の話を彼に聞かせた。

そしておもむろに娘を紹介された。

それがS子だった。

オッサンは若い頃は相当のイケメンだったのだろう。

母親はアジャコングなのに5人姉妹は見事に全員美女。

この時、父親の責任の大きさを改めて知った。

ぜひフィリピン関係者は復活の日のオリビアハッセーを眺めながらフィリピンを思い出していただきたい。

 

「復活の日」を無料で見る裏ワザ

復活の日を観る

U-NEXT(ユーネクスト)に加入し31日間無料で映画観まくって解約する方法。

これはちょっとせこい裏ワザだが、けっこう皆やっているらしい。

19万本の映画を見放題!!

契約して、31日以内に解約すれば完全無料。

作業時間は登録も解約も約3分で終了(経験者談ー俺)。

 

解約もたった3分で完了

スマホ画面の左上からスタート

  1. 左上の三本線をクリック
  2. 設定・サポートをクリック
  3. 契約内容の確認・変更をクリック
  4. 月額プランの「解約はこちら」をクリック
  5. アンケートには答えなくてもok
  6. 同意するにチェック
  7. 解約するをクリック

 

もしこの記事に何かを感じたらランキング応援クリック1回強めにお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-コロナ帰国後の生活

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.