コロナ帰国後の生活 フィリピンの闇 日本vsフィリピン

【福岡→セブ】DHL便ーわずか3日で到着「最小サイズの封筒パック4500円」|ティムの在留資格認定証明書がセブへ到着!!

投稿日:2021年5月4日 更新日:

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

O師匠
モトボサツという名の由来はこちらです

2013年~2016年 モトボサツ勝手にブログセブ島編 カテゴリー別

1,281view
【シーズン1】モトボサツ勝手にブログセブ島編|カテゴリー別記事

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします に ...

続きを見る

 

3日で到着「最小サイズのパックが4500円」

 

5月4日、ティムの在留資格認定証明書がセブへ到着した。

4月30日の午前中、出入国管理局(通称:入管)から正式に証明書を受け取り、そのまま「DHL Express ServicePoint 福岡サービスセンター」へサイクロン2号を走らせた。

オフィスへ行くと身長2mほどあるアフリカ系の黒人が手続きをしていた。

ボビーオロゴンより全然日本語がうまい!

どうやら企業取引の常連さんのようだ。

驚いたことに3mほど離れた場所からモニターに映っている蟻サイズの文字の間違いを指摘している。

なかなか面白いものを見せてもらった。

日本の営業所は基本的にワンオペ。

フィリピンだと5名は必要なサイズの集配送センターだ。

しかし、ここでプチトラブル発生。

送料の4500円を支払うために1万円をトレーの上に乗せたのだが、最後に「お支払いはカードですか?」と聞かれた。

かなり焦った。

ここはフィリピン?

私はつい5分程前に青いトレーに1万円を乗せたことを告げ、その担当者の勘違いという形ですんなりケリがついたが、もしこれがフィリピンだったら猛烈に大変。

向こう「貰っていない」、俺「払った」の攻防が永延と続き、結局は客が負ける形となる。

 

関連記事:金は最後に払え

 

そして昼前にトラッキングコードとレシートを受け取り送付手続き完了し一安心?

いやいや、全然安心できないのがこのフィリピン関連シリーズ。

これまで何をやるにしても1秒足りも本気でホッとできたことがない。

それから3日後、怖い物見たさでトラッキング番号を確認してみた。

  • 4月30日 福岡
  • 5月1日 大阪
  • 5月2日 香港
  • 5月3日 セブ
  • 5月4日 配送センター

各地の滞在がわずか1日という理想的な流れで、当初の5月9日着の予告より大幅に繰り上がり、5月3日にはセブマクタン空港へ到着している。

 

 

イノセント
なぜDHLにしたの?
モトボサツ
以前セブから日本へ封書を送る際に宅配便の値段を全部調べたらDLHがダントツ安かったとです

 

 

  • 1位 DHL  915ペソ
  • 2位 Mail and More  1230ペソ
  • 3位 LBC  1250ペソ
  • 4位 2GO  2250ペソ

 

関連記事

1,226view
【実録】セブ島から日本のAmazonで本を購入すると何日で届くか?

モトボサツです この記事が皆さまのお役にたつことを祈って執筆しました よろしかったら最後までご覧ください にほんブログ村 ...

続きを見る

 

フィリピン便にEMS(国際スピード郵便)は使ってはならない

福岡からセブまで大事な書類を配達するには郵便局は絶対に使ってはならないのは鉄則。

日本では絶大な信頼のある郵便局だが、フィリピンでは正に盗難アジア腐敗の権化。

郵便局こそ黒い恋人「ザ・フィリピン」を象徴する場所だといえよう。

 

 

 

イノセント
EMSのホームページには世界120以上の国や地域に30kgまでの書類やお荷物を安心、簡単、便利に送れる国際郵便で最速のサービスですって書いてるわ
ちょい悪ボサツ
ふふふ、分かってねぇな。アジアの犬鳴村と呼ばれるフィリピン狂和国のヤヴァさを!
イノセント
えええ!?「この先、日本国憲法は適用しません」って立て看板のあるあの犬鳴村に匹敵するってどんだけ?!
ちょい悪ボサツ
例えばクールEMSでは「鮮度・おいしさをそのままに、台湾、香港、シンガポール、マレーシア、ベトナム、インド、フランスへ日本のおいしいものをお届けいたします!」ってお花畑なこと書いとるが、フィリピンにお届けするって一言も書いてねぇだろ?
イノセント
いまサイトみたけどインドがあるのにフィリピンが無いわ!?
ちょい悪ボサツ
クリスマスシーズンだと間違いなく神様からもプレゼントだと信じて食われるし、それか魅力がなかったら2カ月くらい放置されて終いには腐るだろう
イノセント
セブのサンペドロ要塞裏にある郵便局は青木ヶ原樹海より品物が見つからないっていう噂だわ
ちょい悪ボサツ
犬鳴村が日本国憲法の及ばない場所だったら、フィリピンは国連憲章の及ばない場所ってとこだな
DU30
国連とかプータンイナモだ
イノセント
ボサツさんよくそんなとこに14年も住んでたね
ちょい悪ボサツ
虎穴に入らざれば虎子を得ず 酒池肉林 桃源郷(以下、修行と表現) etc

 

さて、ここまでフィリピンの郵便局には近づいてはならないという事を書いてみたが、ここから何日でVISAが発給されるのか、その手続きの詳細を含め継続レポートしていきたいと思う。

 

 

もしこの記事が面白かったらランキング応援クリックぜひ1回強めに押してください!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

広告バナー募集中 問い合わせはこちらからどうぞ

 

犬鳴村 [小説版] (竹書房文庫)

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-コロナ帰国後の生活, フィリピンの闇, 日本vsフィリピン
-, , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.