コロナ帰国後の生活

意外と知らない「Google Play」アプリの罠|居住国が変わると直ぐに登録変更すべし(1年に1回限定)

投稿日:

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

O師匠
モトボサツという名の由来はこちらです

 

2013年~2016年 モトボサツ勝手にブログセブ島編 カテゴリー別

1,244view
【シーズン1】モトボサツ勝手にブログセブ島編|カテゴリー別記事

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします に ...

続きを見る

 

Google Playで拒否られる

昨年突如として始まったセブ島のロックダウンでマニラからの流通がほぼ遮断され、スマホを含むガジェットの在庫がみるみる枯渇してしていった。

そういう時に限って悲劇が起きる。

ティムの使っていたスマホが突然壊れ、私の使っていたスマホは業務用として支給された物だったので、出資元の某企業へ強制返却という憂き目に。。。

そこでティムが方々探してようやく手に入ったのが「HUAWEI NOVA 7 SE」という「いわく付き」のスマホだった。

 

詳細はこちら

1,824view
呪われたスマホ「ファーウェイ」|福岡空港の検疫の様子をレポート

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします に ...

続きを見る

 

最近の中華スマホはスパイアプリが仕込んであるとか、怪しい要素もあるが、スペック的なコスパは本当に最高。

4連レンズ搭載の高性能カメラでOSも最新式。

新しいアイフォンに勝るとも劣らないハイパフォーマンスなのだが、決定的な問題があった。

それはGoogleが使えないという事。

基本的に日本と比べサービスの少ないフィリピン生活では「Google play」アプリがダウンロード出来なくとも、さほどの不便を感じなかったのだが、日本の生活では一発で致命的。

なんでんかんでん、日本のサービスはアプリが基本で、しかも「App Store」と「Google Play」の2択となっているのだ。

 

アンドロイド機をプレゼントして貰う

日本へ上陸し、古くからセブで付き合いのあった東京在住の日本人の方から「使っていないアンドロイド機がある」という事でプレゼントして頂いた。

これで私も日本の生活へ参入できる!?

上陸後、14日間の自主隔離の喪が明け、早速利用したかったのが福岡空港内にある「TSUTAYA BOOKSTORE」。

TSUTAYAとラウンジが合体し、広大な滑走路を眺めながらコーヒーのフリードリンク&試し読みが出来るのだ。

これから飛行機に搭乗する人が、ゆっくりコーヒーでも飲みながら機内に持ち込む本を購入するための動機付けがコンセプトなのだが、最大3冊まで未購入の本を持ち込むことが出来る。

30分500円、これが高いか安いかはその人の価値観によるが、朝8時から夜8時までの12時間利用で2000円というプランもある。

案内を見ると、アプリ経由だと10%安くなると書いてあり、それを使わない手はない。

頂き物のアンドロイド機にグーグルアカウントをセットし、いつでも「Google play」が使えるようにしておいた。

しかし、またまたトラップが!!

QRコードスキャンで読み取り、ダウンロード開始されたと思いきや、赤文字のメッセージを発見。

 

This item isn't available in your country.(このアプリはあなたの国では使えません)

 

 

日本のTSUTAYAが提供しているアプリを日本にいる私が使えないとは意味不明過ぎる。

右脳をフリーズさせたまま左脳をエンハンスモードへ切り替え考えた。

 

インストールしたスマホは日本で買ったアンドロイド機だし、シムカードもまだ入っていない。

 

モトボサツ
ひょっとして俺のGoogleアカウントはまだフィリピンにおる事になっとると?

 

きっと犯人はGoogleアカウント?

頂き物のアンドロイド機にセットしたGoogleアカウントはフィリピンで新規オープンしたものなので、Googleとしては未だフィリピンで使われているという扱いがなされているのかもしれない。

調べてみると、はやり予感は的中。

居住国が変わるとGoogle Playのメニューのアカウントから国名を変更しなければならないのだ。

その作業で更なるトラップが。。。

居住国の変更なのになぜかクレジットカードかデビットカードの決済番号を入れなければ先に進めないのだ。

別に有料アプリを購入する予定はないし、容易に番号を紐づけしたくない。

じゃあ、新規でもう一度作ってはどうか?

そう思って新規アカウントを作成しようとすると、いきなり「電話番号」の項目が出てきて、ここで詰んだ。

本人確認では電話番号がないと何もできないということが更に分かった次第。

 

動画レポート

 

考察とまとめ

これは通常だと深刻なトラブルではなく、アンドロイド機でアプリをダウンロードする「Google Play」のメニューにある「アカウント」から居住国を変更すれば良い(年に1回限定)。

しかし、海外へ出る日本人が年々少なくなる昨今、この手の情報はレアであり、ここで私の苦い経験を披露することで、今後誰かのお役に立てたら幸いだと思っている。

新規で取り直す方法もあるのだが、アカウントに本人確認の電話番号を入れるというハードルがあり、これはやはりシムを手に入れてからの作業となりそうだ。

この続きを乞うご期待。

 

もしこの情報が少しでもお役に立ったら、ラインキング応援クリック1回強めにお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-コロナ帰国後の生活

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.