カルチャーショック フィリピン人ってどんな人

【人間の証明】正直者が損をするフィリピン~Honesty busがなんと一週間でストップ

投稿日:

Bus Company Abandons Honesty System, Says 30% of Passengers Don’t Pay Their Fare

フィリピンではジプニーやバスには料金を徴収する車掌さんみたいな「コンダクター」と呼ばれる料金徴収担当が同乗している。

合理化をめざし、料金箱に勝手に運賃を入れてもらうシステムに変えたらしいが、たった一週間で無理だと悟ったようだ。

なんと乗客の30%が運賃を払わず乗り逃げした。

Honesty system(正直者システム)の終焉。。。

バス会社は性善説に乗っ取った料金支払いシステムがうまくいかなかったことに対しとっても失望しているらしい。

そしてまた旧運賃徴収システムに戻すと宣言した。

この話題のGreen Frog Hybrid Bus Companyは、公共交通機関であるバスの中で 'Honesty System'を試した最初の会社ではない。

2018年7月にカインタからマニラのキアポへのルートを運航するG.ライナーバス会社も、運賃箱の中に運賃を入れてもらうHonesty Busなるものを走らせたが、8月31日の続行中という投稿を最後に情報は途絶えたようだ。

So, if , we can’t even pay for our fare as commuters riding a vehicle that gives us a service that’s similar to what First World countries experience, then we really deserve to be stuck as a Third World country. This is why we can’t have nice things.そ

れで、もし私たちがファーストワールド(先進国)諸国が行っているように通勤の乗客が運賃を払うことさえできないならば、私たちは本当に第三世界国として立ち往生するでしょう。これがつまり私たちの国が一向に良くならない理由です。

イノセント
運賃払わない人が30%もいたらバス会社潰れちゃうよね
モトボサツ
ていうか、逆に70%がちゃんと支払っているってフィリピンにしては上出来な気がするばい
イノセント
そういえば昔、西城秀樹の走れ正直者っていう歌あったよね
モトボサツ
フィリピンで100ペソば拾ったら交番じゃなくてJollibeeに直行するけんね
イノセント
つまり自分に正直っていうことね
モトボサツ
アンタ、上手いこと言うね~

フィリピンという環境がフィリピン人という打算的な人々を作っているのは確かだ。

ファーストワールドのシステムを取って付けたように導入しても損得だけで動く人々が運賃を入れるという損な行為をするわけがないだろう。

もし私がフィリピンで生まれ育った普通のフィリピン人だったらバスの運賃箱にちゃんと決まった運賃を入れるかどうか自信がない。

無賃乗車している奴がいると思うと自分だけ入れるのがアホ臭く感じるはずだ。

もしよかったら閉じる前にランキング応援クリック1回だけよろしくお願います!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-カルチャーショック, フィリピン人ってどんな人
-,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.