コロナ関連

【罰金5千ペソ】同居の家族でも二人乗りバイクは全面禁止令となったぞ

投稿日:2020年3月26日 更新日:

もしよかったらブログ村ランキングの応援クリック1回グリっとお願いします?

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

面倒だから一網打尽

うちの近所のチェックポイントで毎日2人乗り(たまに3人)バイクが面白いほど捕獲される。

2020年3月18日水曜日に発表された声明で、大統領補佐官であるマイケルロイドディノはバイクの後部座席を家族の一員に許可するよう指示したばかり。

家族とはバイクの運転手と同じ世帯に住んでいる夫、妻、子供を含む。

これはIDで同居の家族という証明が出来れば可という条件だったため、IDに記載の住所が実際と異なったり、最終手段として目の前でキスしろと命令されたり現場は無駄に混沌を極めた。

そして3月24日、突然感染防止距離の方針に従い家族も含め一切禁止にすると発表した。

イノセント
二人乗り禁止にしても家族のフリしてジャンジャン走ってたしね
モト先輩
終いにはどうせこうなるって思ってたよww

18日には同居の家族は例外とされていたのに6日後に突然禁止にされると一般庶民は情報が追い付かないだろう。

最初から全面禁止にしないと制御が出来ないと素人でもわかるような話だ。

しかし、運よく口頭注意で5000ペソの罰金を逃れる人もいる。

イノセント
捕まえる人が罰金の事とか知らないんじゃないの?
モトボサツ
たぶんそうやろね!

中央ビサヤの当局は、個人のオートバイの運転手に親族を後部に乗せることを許可したが、2メートルの人間距離に関する運輸省(DOTr)によって設定されたガイドラインに従って再びそれを許可しないことを決定した。

後ろに載せているのが家族親戚であろうとオートバイの運転手には5,000ペソの罰金が課せられる免許証を取り上げLTOに送られる。

陸上輸送事務所(LTO)-ビクターケインデック局長はLTO中央ビサヤスの事務所のほとんどが閉鎖されているため、違反者は免許を取り戻すのに苦労するだろうと語った。

免許を没収されてもLTO(陸運局)がコロナで閉まっているので免許証取り戻すのが難しいだろうと平然と述べる無責任さがフィリピンらしくてホッとする。

ルールが日替わりで変わる国で噂だけが頼りのフィリピン庶民はこうやって情報弱者と言われながら振り回されるだけなのだ。。。

もしよかったらブログ村ランキング応援クリックぜひ1回強めにグリっと押してください!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

広告バナー募集中 問い合わせはこちらからどうぞ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-コロナ関連

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.